ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年2月28日
「2009年2月28日、あの三浦屋吉祥寺店が閉店に!」
2009020901
 吉祥寺サンロードの三浦屋は、吉祥寺のランドマークとして、知らぬ人はない高級食品スーパーです。三浦屋は、昔からの住人には”三浦屋さん”と、さん付けで呼ばれています。それは、他のスーパーとの格の違いというか、吉祥寺がまだ“町”だった頃から愛されてきた“歴史の重さ”を感じさせます。
 その三浦屋が「2月28日閉店!」の情報を先日知りました。
 ヨギダス編集長の周囲でも「ひいばあちゃんの代からのお付き合いなので、親戚が無くなるくらい寂しい」とか「週2回、三浦屋さんで買い物をするのが長年の生活パターンになっていたので、これからは、どこで買ったらいいのか悩みます(-_-;)」また「必要なものは何でも三浦屋さんに届けてもらっていたので、こんな急に閉店するなんてホント困る!」中には「またいつか吉祥寺で復活してくれることを心から願います(^^♪」など、閉店ニュースが伝わってからは、吉祥寺周辺ではちょっとしたパニック状態に(;^_^A。
 でも、こんなに近隣の人たちに愛され、街のネイティブ?の皆さんの食生活に浸透してきたお店って、これからの時代、生まれることは、ほぼないでしょう。ヨギダス編集長も、お惣菜やお弁当、梅干などは、だいたい三浦屋での購入が日常でしたから、これからは生活パターンを少々修正しなければなりません。しかし、微々たる部分とはいえ、この歳になって日常生活のパターンを修正するというのは、ちょっと「調子狂っちゃう(~o~)」んですよね。
 そんなニュースが流れてわずか数日後、ある吉祥寺の事情通は「サンロードの三浦屋跡に何が入るんだろう。BOOK Ofか?ユニクロか?ファミレスか?もしかしたら激安スーパーとか?でも、ビルはもう築40年くらい経っているから、老朽化もかなりのものだろうからね~」なんて話をしていました。
 変化がめまぐるしい時代ですから、ちょっとした変化に人はスグ慣れてしまうでしょう。だからといって、サンロードにあった三浦屋の存在が多くの人の生活の記憶から、そう簡単に削除されてしまうとも思えません。
 ぜひとも、吉祥寺で再開してほしいです<m(__)m>。
2009020902
三浦屋
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。