ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリームソーダ
「クリームソーダ、東京と沖縄では似て非なる人気ドリンク」
2009022601
 喫茶店に入ったら、迷わず注文するのはコーヒーです。
しかし、ゼッタイ「コーヒーじゃなくてはダメ(*^^)v」と思っているワケではなく、喫茶店=コーヒーは、もう長年の“風習”のようになっています。どんなにキツ~イ猛暑日であろうと、もちろん頼むのは“ホット”です。
 そんなヨギダス編集長と先日打ち合わせで会うことになった知人が「喫茶店に入ると、子供の親と入ったフルーツパーラーで、いつも頼んでいたクリームソーダが無性に飲みたくなるときがあるんですよ♪」といいます。
 最近のカフェやコーヒーショップでは「クリームソーダを置いていないところが多く、なかなかこの“夢”が実現できないんです(-_-;)」と、その知人は残念そうな顔をしながらコーヒーを注文します。
 鮮やかなグリーンのメロンソーダにバニラアイスが浮かんでいて、ロングスプーンが差し込んであり、目の覚めるように真っ赤な缶詰チェリーが、ちょこんと乗っているのが、東京では「クリームソーダ」と呼ばれています。でも、ヨギダス編集長の故郷・沖縄では、クリームソーダといえば、アメリカンスタイルのバニラフレーバー炭酸飲料のことで、見た目はコーラそのもの!もう50年以上も昔から老若男女に愛飲されているロングセラードリンクです。
 知人は「クリームソーダは、ロングスプーンで上下をかき混ぜるともうもうとアイスの泡が立ち上がってグンとカサが増し、それをすくって口にするのが子供の頃の“無上の喜び!”だった」といいます。そして「このクリームソーダのバニラアイスは、決してハーゲンダッツなどのゴージャス系ではなく、そこら辺のスーパーで売っているたっぷりサイズの安~いのでなくっちゃ伝統の本格的味わいにならないんですよ~!(^^)!」と熱弁を振るいます。
 クリームソーダをこんなに熱く語る人、あんまり居ませんよね。
2009022602
沖縄バヤリースのクリームソーダ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。