ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木の芽どき
「木の芽どき、人の心に“変調”が起こりやすい季節?」
2009042301
 緑したたる季節となりました。昔からこの時期を“木の芽どき”といいます。それは、厳しい季節を耐え抜いた草や木が、新しい目を吹くときを迎えるから。この時期はまた、人間の心と体も新しい季節の変化に対応しようと、うごめき始めます。しかし、慢性的な睡眠不足や疲労、体調不良などを抱えている人にとっては、必ずしも大歓迎の季節とはいえないようです。
 木の芽が吹く頃になると、情緒不安定になる人が増えるといわれますが、それは、脳が一種の冬眠状態からキッパリ決別することが出来ないため、体に上手く指令が伝えられず、心と体のアンバランスが生まれるためだとか。
 どこがどう悪いというわけでもないのに、なんとなくモヤ~っとして、気分が優れないとかアタマがスッキリしない人、いるんじゃないですか。ヨギダス編集長の場合も「アタマは一年中スッキリしない!」のですが(-_-;)。
 ところで吉祥寺には、ご存知のように井の頭公園があります。周辺に住む人たちは、季節の微妙な変化を日々身近に感じることが出来ます。徒歩圏内にこういうスポットがあるというのは、やっぱりラッキーです(*^^)v。
 都内有数のグリーンスポットである井の頭公園はこの時期、お花見の喧騒からも開放され“絶好の森林浴ゾーン”となります。森林にはセラピー効果があることが、さまざまな実験で証明されているらしいですが、そういうことにウトい人でも、緑の中にいると心身がリラックスするのはわかります。
 ある実験では、森林の中にいるとガン細胞を防ぐNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化するという結果が実証されたのだそうです。生活が不規則になりがちな人は、睡眠不足や体調不良になりやすいですから、井の頭公園での森林浴を、ぜひ、おすすめします♪。この周辺には、三鷹駅南口に通じる「風の散歩道」や「玉川上水」の脇道など、ウォーキングコースも多いので「GWに出かける予定が無い!」という人でも、気軽にリゾート気分に浸れますよ。
2009042302
風の散歩道
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。