ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草なぎ剛容疑者
「草なぎ剛容疑者、やんちゃ!で済む程度のことを許さない怖さ」
2009042701
 朝、テレビを見ていたら「SMAPの草なぎ剛さん(34)が公然わいせつ容疑で逮捕!」の一報を見てビックリしました。日本中のほとんどの人が「いったい何をしたのか?」と色めきたったようです。“公然わいせつ”といえば、公衆の面前で、裸になったとか、局部?露出(+。+)などが想像されます。
 後の報道で“自宅から約150mの場所にある深夜の公園で”酔っ払った上、裸で騒いだ“ということでした(脱いだ服はキチンとたたんであった)。「え~っそんな程度で逮捕かよ~!」。ヨギダス編集長の周辺では、大方の人たちがそんな反応でした。逮捕!というからには、六本木交差点とか、銀座4丁目交差点で「見せちゃった!」というのなら納得ですが、誰もいない肌寒い深夜の公園で、ということなら「刃物を振り回していたワケじゃないし、逮捕より、保護が先だろ~!一晩トラ箱に入れてたっぷり絞られた後(-_-;)釈放が妥当じゃないですかあ」というのが多数意見でした。ごもっともです(;^_^A。
 草なぎ剛さんは翌日の記者会見で、自分が飲み過ぎて起こした行動については、ちゃんと認めて深く反省謝罪しました。その真摯な態度に多くの同情が寄せられたようですが、自民党の鳩山邦夫センセイは彼を「最低の人間だ!」と決め付け、興奮しまくって、逆に大ブーイング騒ぎになりました。後日「最低、最悪の行為!」と云い直しましたが、納得する人はいないでしょう。
 深く反省した草なぎ剛さんが“最低の人間”だというのなら、ベロンベロンに酔っぱらって会見し、「風邪薬をのんでいた」とか「ゴックンした」などと見苦しい言い訳をして、世界中に大恥さらした中川昭一センセイは、いったいどんな人間だというのか?鳩山邦夫センセイ、ぜひ教えてくださいな。
 広告代理店勤務だった友人は「ウチの業界の宴会やパーティーでは、宴たけなわに盛り上がった頃、何故か脱がずにいられなくなるオトコがほぼ一匹は紛れ込んでいたものですが、最近はそういうオトコも少なくなりました。単なるやんちゃで済む程度のことを許さない糾弾社会になってきたようでホント怖いですよ。ネット社会の弊害じゃない?」とのこと。わかります。
「過剰反応したり、よってたかって追い詰めることが増えましたよね」と、その友人にいったら「A型社会の特徴!」と即断!なるほど(^^)。
草なぎ剛さん逮捕のブログエントリー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。