ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合馬百香
「合馬百香、ミステリアスな雰囲気と骨太な創造力の落差」
2009043001
「ヨギダスって、そろそろ創刊3周年になるんじゃ~ないですか(^^♪」先日、知人からそう指摘され「そうかも?」と気づきました。木の芽どきのせいにするわけではありませんが、ついうっかりしていました。もう”創刊から3年!”時間の経過をひしひし感じるようになってきた今日この頃です(-_-;)。
 創刊記念には毎回、それなりの方にご登場願ってきました。1周年記念にはサムタイムグループ社長・野口満理子さん。2周年にはSONYピクチャーズ社長・宗方謙さん。と、素晴らしい方々が協力してくださいました。

 そろそろ「創刊3周年記念に登場していただくのにふさわしい人を誰かピックアップしないと!」と促す知人に「誰かふさわしい人っているかな?」と相談したら、「身近に、合馬百香さんという素晴らしい女性がいるじゃないですが~!」とたしなめられちゃいました。そうか、彼女は身内が見ても“才色兼備”を絵に描いたような存在。ちょっとミステリアスな雰囲気から「銀河鉄道999のメーテルみたい!」とか、中には「姫さま!」と呼ぶ人もいます。
 しかし合馬百香は、パッと見の楚々とした印象からは、想像もつかない骨太でダイナミックなストーリーをいとも涼やかな表情で、エネルギッシュに紡ぎだしていきます。どこまでが真実のエピソードで、どこからが作者の創作なのかがわからない絶妙の筆さばきとバランスのよさ、そして表現の巧みさは、その才能と力量が並ならぬものであることを表していると思います。
 最近では、さすがになくなりましたが以前「脚本を書いている合馬百香さんって、ペンネームは女性ですけど、本当は男性なんでしょ(^_-)-☆」と聞かれることもたびたびありました。そんな風に錯覚させますよね。
 しかし普段、私たちに見せる合馬百香の素顔は、「予想に反して\(^o^)/あっと驚くような、こんなところが!」というとことは残念ながら全くありません。いつでも、誰に対しても、どこにいても合馬百香は、まさに合馬百香そのものです。でも、「少女のような感受性と透明感を失わない不思議な女性♪」と
彼女と親しい人はいいます。あっそれ、わかります(^_^)/~。
合馬百香「美の定番」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。