ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉祥寺音楽祭
「吉祥寺音楽祭、ジャズコンサートに行ってきました(^^♪。」
2009050701
 第24回吉祥寺音楽祭のジャズコンサートに行ってきました。
最近では「吉祥寺はジャズの街♪」というイメージがだいぶ定着してきたようですが、今回のようなジャズコンサートは最初から開催されていたわけではなく、「音楽祭の趣向が毎年変わるのではなく、吉祥寺らしいコンセプトをきちんと立ち上げよう!」という意見が多くなり、第5回目から吉祥寺音楽祭=ジャズがメインの音楽祭として開催されるようになってきたのだそうです。
 吉祥寺音楽祭がスタートしたきっかけは、もともと若者の街として人気が高かった吉祥寺の街で「たくさんの人たちに愛される吉祥寺ならではの文化的なイベントを開催して街をさらに活性化し、他の地域からもっとお客さんに来てもらうようにしようじゃないか(^_^)/」という発想からだったとか。

 「ジャズの街・吉祥寺♪」が定着してきたと同時に、最近では多様なジャンルの音楽関係者やアーティストもさまざまな形で、自らの活動をアピールするための場として吉祥寺に注目するようになってきたようです。

 今回のジャズコンサートは、ヨギダスにもたびたび登場していただいている、「野口満理子さんが司会をする!」と聞いたので、これは何をおいても行かなければ!と、ウキウキしながら出かけてきまし。この日の主役ミュージシャンは、早稲田大学ジャズ研在籍中、渡辺貞夫グループに迎え入れられプロデビュー。1971年にはNYに渡ってモダンジャズの巨匠ソニー・ロリンズと共に6年間活躍し、その後、チック・コリア、エルビン・ジョーズなど世界的ビッグネームと共演。「世界のマスオ」と呼ばれたギタリストの増尾好秋でした。
 ベースの鈴木良雄との共演は、時間の経つのを忘れさせるくらい心地よく、ステキな演奏でした。シンガーの海老原敦子のボーカルも伸びやかなボイスがよかったです。何よりも、野口満理子さんの司会ぶりは、この日の雰囲気にぴったり!磨き抜かれた声質と場を盛り上げるトークセンスの高さ、上質なファッション(^^)☆など、満理子さんの魅力全開のコンサートでした。
2009050702
吉祥寺音楽祭
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。