ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉祥寺のカエル屋さん
「吉祥寺のカエル屋さん、世界中から多彩なカエルが大集合!」
2009052801
 いつもは通り過ぎてしまうのに、ある日、なぜか目に留まって 「あ、ここにこんな店があった(^^♪」って気付くときってありますよね。ヨギダス編集長にも、そんな事がわりとあります。先日、久し振りに、中道通りを歩いていたら、その店頭が爽やかなグリーンでレイアウトされている店を発見!
 何度も通っていた道なんですが、それまではとくに意識することもなく、立ち止まることもありませんでした。が、ある日、ふと目を向けると、なんとそこにいるカエルたちの顔がいっせいにこちらを向いていたのです。
 愛嬌たっぷりのカエル、賢そうなカエル、威風堂々のカエル、芸術テイストのカエルetc、こんなにさまざまなカエルがいるなんて驚きです。聞いたことがありますが、世の中には“カエル好き”っているんですね。
 そういえば、最近のニュースで、民主党の党首選挙の話題を報道しているとき、鳩山さん、岡田さん両候補者の紹介のなかで、鳩山さんが好きなのは 「奥さんの手料理」 。岡田さんの趣味は「カエルグッズコレクション」とナレターターが話していましたっけ。そのとき、岡田さんが集めたというさまざまなカエルグッズの一部がTV画面に映し出されていました。
 カエルたちが目に留まったのは、そのサブリミナル効果?かも。
そのカエル屋さん?Cave(ケイブ)の店内に入ってみると、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの世界中から集まったカエルたちが勢ぞろい!友人は「カエルって実物はかなりキモイですけど、こうして擬人化されるとユーモラスで愛らしいように見えちゃうから不思議ですよね♪」と小声で一言。
 聞くところでは、カエルは縁起のいい生き物として古来から珍重されているのだとか。カエルという名も縁起が良いとかで、その語呂合わせから、財布に入れておけばお金がカエル、旅の安全には無事カエル、入院しても早くカエルなど、昔から縁起物として愛されているといいます。でも“カエル”と呼ばない外国にもカエルグッズが多いのはどんな理由なんでしょうか?
Cave / ケイヴ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。