ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルチアーノ
「ルチアーノ、神業ならぬ髪ワザがタダものじゃありません」
2009062901
 中道通りにあったSarvatore Lucagniaは、ヨギダス編集長が25年間通い詰めた美容室でした。ヨギダスの創刊号に登場してもらうほどのお気に入りでしたが諸般の事情によって移転することとなりました( ̄□ ̄;)。
 髪や服に関してなど、自分のスタイルには、それなりのこだわりがあるヨギダス編集長は、ほんの0.5ミリの髪の伸びも気になるタチですから、生活習慣の一つになっていたSarvatore Lucagnia通いが、移転のために店をクローズしたときは、かなり焦り、ややパニック状態に陥ったほどです。
 そこらへんの店だと、こういうタイプのヘアスタイルは、単なるスポーツ刈りにされてしまう恐れがあるからです(-_-;)。スポーツ刈りの自分なんて想像もしたくないし「指差されて笑われるかも…」とビビリました。
 店主の顔は、ご覧の通りのちょいワル系のコワモテですが、その腕はまさにデリカシーあふれる“神業”なんです。というのもハサミとクシの使い方がシビれるくらい鮮やかで、長髪ならまだしも短髪なのに、そのグラデーションの入れ方の絶妙さには「おみごと!」と、喝さいしたいくらいです。
 そしてこの度、吉祥寺シアターの荷物搬入口前の水門通りを渡った突き当たりマンションの一階に移転。「ルチアーノ」という店名で、めでたくオープンしました。インテリアはSarvatore Lucagnia時代の雰囲気そのままに、1900年代前後の英国製家具を中心にコーディネートされています。
 BGMは洒落たJAZZ。ステキなリズムに揺られながら、神業ケアされるわけですから、仕上がって店を出るときは、まるで“闘魂注入!”されたかのように気持もビシッと引き締まり「男前が速効UP!」した気に(*^_^*)。
 店主の神業にホレ込んで通っていた人たちは、新店オープンのニュースに大喜び。たちまちさばき切れないほどの予約が舞い込んだといいますから、みなさん待っていたんでしょう。何はともあれよかったです(^^♪。
 あの野口伊織さんをはじめ、吉祥寺を彩った才能あふれる男たちからも、この店はこよなく愛されていました。これからも通いますよ(*^^)v。

『ルチアーノ』吉祥寺本町1ー34ー3
アイ・コート102号 090‐2533‐9505(要予約)
n.miyabi.tugeru@docomo.ne.jp
スポンサーサイト
カーネルサンダースの呪い
「カーネルサンダースの呪い、今も生きている都市伝説…」
2009062501
 交流戦がソフトバンクの優勝で終了。これからはオールスターもあるし、野球がますます面白くなりそうです。ところで、シーズン前、大阪の道頓堀川から1985年以来、ようとしてその行方が知れなかったカーネルサンダースの像が発見されました。この像は、1985年、阪神タイガースのセ・リーグ優勝が決まった際、興奮したファンによって道頓堀川に投げ込まれました。
 この一件以来、阪神タイガースの成績は低迷に陥り、以後、優勝から遠ざかってきました。やがて、これは「カーネルサンダースの呪いじゃ!」とささやかれるようになり、この噂は“都市伝説”として定着しました。
 2003年には、リーグ優勝を果たしたことから、「この呪いから解放された!」と、阪神ファンは狂喜しました。しかし、日本一に関していえば、1985年以来、全く縁がなくなってしまいました。2005年には、日本シリーズで惜敗!つい最近では昨年、ペナントレースで13ゲーム差を撥ね退けられ、歴史的大逆転!
 この結果から、再び「カーネルサンダースの呪いはまだ続いている!」というおぞましい恐怖が虎キチの間で再浮上してきたらしいです。
 そんな折、道頓堀川から変わり果てたカーネルサンダース像が姿を現したのでした。すると「これで、長年の呪いから完全に解放された。今年の優勝はイタダキや~!」と、ヨギダス編集長周辺の虎キチたちも春先までは、それは元気一杯でした(*^_^*)。にもかかわらず、今のところ、その期待は“ぬか喜び”に終わりそうな気配です。何ともお気の毒ではありますが(-_-;)。
ある虎キチの友人は破れかぶれで、この呪いを解くには、「あのド迫力の渡辺城太郎さんに『ええ加減にせんと井の頭公園の池にブチ込むぞ!』とカーネルサンダースに一発かましてもらうしかない」と真顔でいいます。
 そんなわけで渡辺城太郎に“吉祥寺在住?”のカーネルサンダースのところへ出向いてもらいました。バッチリにらみをきかせてもらったので、何とか最下位だけは免れそうな気がしますが、ま、頑張ってください<(_ _)>。
カーネルサンダース発見!
朝のコーヒー
「朝のコーヒー、目覚めスッキリ(^^♪ゆるんだ脳に“渇!”」
2009062201
 朝、起きぬけにコーヒーという人は多いと思いますが、ヨギダス編集長も、起きたら「まずコーヒー!」です。仕事柄、必ずしも朝起きるとは限りませんが(-_-)zzz、起きたらまずコーヒーというのは長年の習慣です。
 朝、コーヒーを飲むとすっきり目覚めて、1日のスタートがスムーズにいくような気がするのは気のせいでしょうか。でも、科学的根拠とかデータ?とかを問われると、そういうことにはからっきし弱く、覚えたことでも3歩も歩けば忘れるため”気のせい”は大事にしています。“気のせい”は、言い換えれば“動物的カン”ともいえるのではないでしょうか。人生で大事な決断をするとき、頼りにするのは何か?と聞かれたら、迷わず“カン”と答えます。
 で、朝のコーヒーに関してですが、友人からこんな話を聞きました。
朝の目覚めにコーヒーを飲むと頭がスッキリして、注意力や集中力が高まり「仕事がはかどる(^^)v」と信じている人が多いけれど、本当のところ朝のコーヒーは、眠っている間に体内から失われたフェインを補い、カフェインの欠乏を緩和しているだけで、朝の「目覚めスッキリ(^-^)」とはほとんど無関係という研究結果がイギリスの栄養士学会で報告された。のだとか。

 友人がネットで仕入れたというこの情報によると、体内のカフェイン量が夜の間に減少してしまうことで、朝は注意力が鈍ったり、不機嫌になったりしがちですが、目覚めにカフェインを摂取することで、このようなカフェイン欠乏症が緩和され「すっきりと目覚めた」ような気になるだけで、カフェインが注意力や元気を呼び起こしているわけではないということです。

 ま、そんな科学的根拠は置いとくとして、これからも”気のせい”にしたがって生きていこうかな(*^_^*)と、改めて考える今日この頃です。
最近、「朝専用コーヒー」というのが人気だそうです。CMに出演している2人のタレントによる絶妙な掛け合いも軽妙で楽しくて、やっぱり、飲んだら頭がスッキリして、仕事がはかどりそうな気がしてきますよね。

朝専用コーヒー
はきもの処紅屋
「はきもの処紅屋、街中に昭和ゾーンがしっかり残ってる♪」
2009061801
 吉祥寺駅の北口を出ると、目の前にあるのがサンロード。サンロードに入る手前の左側にあるのがダイヤ街。ダイヤ街は、吉祥寺の街に誕生して50年あまり。EastzoneとWestzoneからなる「東急チェリーナード」と、パルコに続くSouthzone「ローズナード」で構成されるT字型の商店街です。ローズナードは1953年、チェリーナードは1974年にアーケードが完成しました。この2本の通りでは135店が営業しています。
 しかし、長年風雨にさらされ、両アーケードとも老朽化が進んだため、2008年3月から架け替え工事が始まりました。この周辺は、最中やようかんでおなじみの「小ざさ」やメンチの「サトウ肉店」など、行列のできる名物店や昔ながらの老舗があるほか、日用品やファッション、グルメといったニーズにも事欠かない便利さ満点なショッピングゾーンです。そのため、昼も夜も人通りが多いので、アーケードの架け替え工事は深夜に行われました。
新しいアーケードはシンプルでおしゃれ。開閉式で耐震強度もばっちり!今年の4月にグランドオープンとなりました。その後、白御影石の舗装工事も完了し、吉祥寺にニューストリートが誕生しました。
 すっかり新しくなったダイヤ街ですが、そこは吉祥寺。昭和の色濃いレトロな老舗も元気に頑張っています。普段は、それほど気にしていませんでしたが、先日、ダイヤ街の履物の店「紅屋」の店頭で、下駄や雪駄が目に留まりました。 
 よく見ると店先の右手ショウケースは、全て下駄に雪駄、草履です。ちょっとスゴ~イ品揃え!女性用の下駄は板だけ売ってるので、鼻緒などはフルオーダーで仕上げるのでしょうね。下駄と言えば手前に、天狗が履くような一本歯の下駄が陳列されていましたが、どんな人が買うんでしょうか?
 話のタネに買おうと思いましたが、同行の友人に「そうやって要らない物で、部屋がどんどん狭くなるんですよね~!」とたしなめられました。でも、下駄、雪駄、草履に番傘、蛇の目傘・・・。日本の家庭から消えようとしている懐かしい品々を適正価格と品質を保ちながら商っている光景に、ほのぼのした気持ちになりました。こういう店、ずっと元気でいてほしいです。
2009061802
一本歯の下駄@吉祥寺紅屋
最近のCM
「最近のCM、パチンコ、競馬、競艇、宝くじばっかり!」
2009061501
 このところ、テレビを見ていて思うのですが、CMをやっている業界って、パチンコ、競馬、競艇、宝くじ、サラ金系業界ばっかり!と思いません?大物タレントを起用して、かなりド派手に展開しています。
最近、新聞の折込チラシも、パチンコ屋さんが増えてきましたし、当たりが出やすいという宝くじ売り場は、どこも押すな押すなの大盛況。「一発当ててリッチに♪」ってことでしょうが、そうそう上手くはいきません。  
 景気が悪い状態があんまり長く続いてきたので、コツコツ地道に働いて、と考えるよりも、「一等3億円当選で億万長者に!」といった夢のようなフレーズが、にわかに現実味を帯びてきたのでしょうか。「もしかしたら自分が”億万長者“になっちゃうかも!」と思い込んでしまうのでは(^-^)。
 一昔前まで競馬や競艇は、バクチの色合いが濃くて、お客サンもそのスジの方々が目立っていたようです。カタギのみなさまは、たとえ愛好家であっても,なかなか「競馬、大好きです(*^_^*)」と人前で胸を張っていえるような趣味ではありませんでした。ましてごく普通の若いOLさんが競馬場や競艇場に行くなんてことは、あんまりほめられたことではありませんでした。
 パチンコ業界は最近、イメージ戦略にかなり熱心に取り組んできました。あのヨン様の「冬ソナシリーズ」あたりから、超一流タレントや人気アニメキャラをバンバン起用して、これまでにないNEWゲーム感覚を前面に押出し、CMをこれでもか~!というくらい大盤振る舞いで打っています。
 不況とはいえ、パチンコ業界は儲かっているらしいですから「税金に取られちゃうくらいなら広告宣伝費に使おう!」となったのでしょう。パチンコ業界より大きなお金が動く競馬や競艇業界も考えることは同じでしょう。
 大企業が宣伝費を削減し始めたせいで、テレビ業界も広告代理店も大変!とききます。番組の間にアキを作るわけにはいきませんから、大企業CMの穴埋めに、ちょっとグレーな業界に頼らないとヤッてられません。
 思うのですが、業界でも仕事でも“後ろ暗い”とされてきた職種は、日陰系であってこそ逆に、その存在がグンと魅力を増すワケです。何でもかんでもオモテ世界にデビューさせてしまうというのは、いかがなものでしょう。
最近のパチンコCM
デフレスパイラル
「デフレスパイラル?安過ぎることに喜んでばかりは(~_~;)」
2009061101
 最近、食品でも衣料品でもかなり安くなってきていますよね。
消費者の多くは喜んでいますが、その裏で働く人たちにとってはどうなんでしょう。安く売るために→安い賃金で働く→安いものしか買えない生活になってしまう!このままで日本はどうなってしまうんだろう(~_~;)。
 そんな漠然とした不安を感じている人も増えてきているのではないかと思います。たとえば衣料品なら、ユニクロのように高機能素材を使って、画期的な新製品が開発されることで、売り上げを右肩上がりに伸ばしているというケースがあります。しかし、食品ではどうでしょう。
 レンジで簡単に本格に近い料理が出来上がったりなどの商品開発はありますが、そういうことは置いておくとして、第一産業ではそうも行きません。農業の場合だと、有機栽培や無農薬栽培などで「生産者の顔が見える!」などのこだわりがウリで生産している場合は別として、ごく普通のスーパーで売られているものだと、価格を下げることくらいしか差別化が図れません。
 最近では 「適正価格」 という感覚さえも失われてきているような気がして、ちょっと心配になります。今は、とにかく安いことが求められています。商品を提供する側も、「とにかく安いっ!」ことに異常なまでにこだわっていて、格安なPB商品を競うように次々と発売しています。
 このままではメーカーも、自分で自分の首を絞めてしまうのでは?先日もスーパーに買い物に行ったら、セールでもないのに「毎日安心価格!」とかで、冷凍食品を3割~5割も値引きして売っていました。安いことは歓迎ですが、いたずらに価格競争に走るのは疑問です。友人は、「激安スーパーでたんまり商品を買い込んでいく近所の奥さんがいますが、家族では食べきれないらしく、ごみの日に大量の食品を捨てていますよ(@_@)」 と怒っていました。
 買い物帰りに“安くて美味しい”という店でランチしましたが、その店でさえ最近値下げを敢行したとか。大丈夫なんでしょうかね。日本!
2009061102
デフレスパイラル
やきとり居酒屋今成
「やきとり居酒屋今成、夢を追う若者の街にお似合いの店」
2009060801
 劇団 「め組」 の新宮乙矢と野村貴浩が客演した舞台「ハナウタ日和」は、おかげさまで好評のうちに幕を閉じました。劇場のある下北沢まで、多くのファンのみなさまにお運びいただきまして、誠にありがとうございました。
 上演は下北沢シアター711、すぐそばにはスズナリがあります。この一帯は、大小居酒屋、やきとり屋をはじめ、ショットバー、カフェなど、観劇後のお客様が、思わず足を向けたくなる昭和テイストの店でいっぱい。中には、5人も入れば満席!といった店もがんばっています!(^^)!。
 劇場を出て、右手のほうをチラリと見ると、イヤでも赤ちょうちんと“生ビール:180円!ハイボール:100円!”という感動的な文字が目に飛び込んできます。その強烈パワーに抵抗することは出来ません(~_~;)。
 その強烈パワーの発信源が今回、終演後に出かけた「やきとり居酒屋今成」。いかにも“演劇の街下北沢”の雰囲気にピッタンコの店で、最もわかりやすい道順でいうと、小田急線下北沢駅北口を出て少し歩いた踏み切り脇。2階席の窓からは電車の往来が見えて、なかなかいい雰囲気♪スズナリも見えます。窓からは気持ちのいい風が入ってくるので、この時期は爽やかです。
 店内は、広々としていて“演劇関係?っぽい”人が目に付きます。メニューは多彩で量にも満足、料理の素材には宮崎県直送の地鶏と、契約農家から仕入れた野菜を使っているとあり、そんなこだわりのせいか、料理の味もよく行く居酒屋のレベルを超える美味しさだったような気がしました(^_^)v。
 この店は「夢を持つ人々が集まる下北沢に、美味しくてリーズナブルな店を!」というオーナーの思いがコンセプトになっていて、夢をかなえたときに、下北沢の街とともに、懐かしんで来てもらえるよう、長く続く店にしたいのだと聞きました。不定期でイベントもやっているそうですよ。
2009060802  
やきとり居酒屋今成
虫歯予防デー
「虫歯予防デー、みなさん!歯医者さんに行きましょう(^^♪」
2009060401
 本日6月4日は、「虫歯予防の日」とされています。
最近は、歯ブラシ以外にも、デンタルクロス、歯間ブラシから、歯磨き後のリンス剤のようなものまで、さまざまなデンタルケア商品がDSの店頭に並んでいます。歯ブラシも、びっくりするほど多彩な機能があって、値段もピンキリ。歯磨きだって、昔では考えられないようなラインナップです。
 ヨギダス編集長が子供の頃歯磨きは、今のようにチューブ入り練り歯磨きではなく歯磨き粉でした。そのせいか今でも“歯磨き粉”という年配の人は多いですよね。昔の歯磨き粉は“研磨剤+ミント風味で缶入り”というシンプルなものがほとんどで、サンスターとライオンが二大ブランドした。
 歯を磨くときは、歯磨き粉の缶の中に歯ブラシを突っ込んで、適量の歯磨き粉をつけて使用しました。お父さんのパンツと自分の着るものは、「一緒に洗濯したくない!」などと平気でいう最近の女子中・高学生()だったら「お父さんと一緒の歯磨き粉なんて絶対イヤ!」なんていいそうですね(~_~;)。
 ヨギダス編集長は、もともと歯が丈夫なのに加え、歯磨きも歯医者さんも大好き(^_^)vですから、歯に関しては、虫歯をはじめ、歯周病などの各種トラブルとは無縁で今日まできました!(^^)!。
 それにしても近頃、歯医者さんの開院、閉院が目に付くようになりました。前にも触れたことがありますが、歯科医師の数は毎年1,500人ペースで増加しているそうで、全国的にもコンビニより歯科医院の数が多いのだとか。4年前の調査では、歯医者さんの5人に1人は月収25万円以下で、100人の内5人は“ワーキングプア”なんだそうです。ちょっとびっくりですよね。
 でも、あんまり日常のデンタルケアが完璧だと、閉院してしまう歯科医院が増えそうで心配になりますが、専門家によると残念ながらそれだけでは虫歯リスクは避けられないといいます。何ともなくても年2回はチェックしてもらうのを習慣にすると、虫歯で苦労することは無くなるそうですよ。
2009060402
歯の健康
闇太郎
「闇太郎、車で前を通るたびに気になって仕方がない(~o~)。」
2009060101
 気になっているのに、なかなか行ってみる機会がなくて、車で前を通るたびに 「この次は誰か誘って、ゼッタイ行ってみよう!」 って思っていて、未だに行かれずにいる店があります。場所は、吉祥寺北口の駅前通りをヨドバシや西友を過ぎて五日市街道に向かって、T字路を右折したスグ目の前で「気軽に飲める酒処」と案内が出ている「闇太郎」という居酒屋です。
 ちょっと気になるスゴイ店名ですよね。事情通?(またまた登場!)の話では、映画、舞台、TVドラマでもおなじみの有名な時代小説「雪之丞変化」の登場人物・闇太郎から取ったのだとか。事情通恐るべし(~_~;)。
 シャッターには、時代劇風の美少女のイラストが書かれています。先ほどの事情通によると、このイラストは、漫画家でイラストレータの江口寿史氏の作品だそうで、作者本人も、この店がお気に入りとの話でした。
 それにしても、だいたい日のあるうちに通ることが少ないせいか、いつもシャッターが下りています。そのため、やっているのか?すでに店じまいしてしまったのか?不明で、通るたびに気になっていた存在なのです。
「だいぶ昔、一度だけ飲みに行った(^.^)v」という知人の話では、闇太郎の店内は、カウンターたけで15~6人が腰掛けられるウナギの寝床っぽいスペース。オヤジさんが一人で切り盛りをしている気さくな店で、つまみ類は、居酒屋にあったら嬉しい♪というものが「一通り揃っている!」といいます。  
 オヤジさんは、人柄も料理の腕もなかなかのもので、メニューは多彩な上、量もたっぷり充実(^_^)vかなり飲んでもお勘定は「いいんですかあ?」と聞き返すくらいお財布にやさしく“太っ腹な店”だったと大絶賛!
 その知人によると、ひとり酒が好きなサラリーマンや、アート嗜好がある人に好まれそうなテイストがそこかしこにあって「そういうのが好きな人はハマっちゃうかも?」とか。ますます行ってみたくなりました。
闇太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。