ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のCM
「最近のCM、パチンコ、競馬、競艇、宝くじばっかり!」
2009061501
 このところ、テレビを見ていて思うのですが、CMをやっている業界って、パチンコ、競馬、競艇、宝くじ、サラ金系業界ばっかり!と思いません?大物タレントを起用して、かなりド派手に展開しています。
最近、新聞の折込チラシも、パチンコ屋さんが増えてきましたし、当たりが出やすいという宝くじ売り場は、どこも押すな押すなの大盛況。「一発当ててリッチに♪」ってことでしょうが、そうそう上手くはいきません。  
 景気が悪い状態があんまり長く続いてきたので、コツコツ地道に働いて、と考えるよりも、「一等3億円当選で億万長者に!」といった夢のようなフレーズが、にわかに現実味を帯びてきたのでしょうか。「もしかしたら自分が”億万長者“になっちゃうかも!」と思い込んでしまうのでは(^-^)。
 一昔前まで競馬や競艇は、バクチの色合いが濃くて、お客サンもそのスジの方々が目立っていたようです。カタギのみなさまは、たとえ愛好家であっても,なかなか「競馬、大好きです(*^_^*)」と人前で胸を張っていえるような趣味ではありませんでした。ましてごく普通の若いOLさんが競馬場や競艇場に行くなんてことは、あんまりほめられたことではありませんでした。
 パチンコ業界は最近、イメージ戦略にかなり熱心に取り組んできました。あのヨン様の「冬ソナシリーズ」あたりから、超一流タレントや人気アニメキャラをバンバン起用して、これまでにないNEWゲーム感覚を前面に押出し、CMをこれでもか~!というくらい大盤振る舞いで打っています。
 不況とはいえ、パチンコ業界は儲かっているらしいですから「税金に取られちゃうくらいなら広告宣伝費に使おう!」となったのでしょう。パチンコ業界より大きなお金が動く競馬や競艇業界も考えることは同じでしょう。
 大企業が宣伝費を削減し始めたせいで、テレビ業界も広告代理店も大変!とききます。番組の間にアキを作るわけにはいきませんから、大企業CMの穴埋めに、ちょっとグレーな業界に頼らないとヤッてられません。
 思うのですが、業界でも仕事でも“後ろ暗い”とされてきた職種は、日陰系であってこそ逆に、その存在がグンと魅力を増すワケです。何でもかんでもオモテ世界にデビューさせてしまうというのは、いかがなものでしょう。
最近のパチンコCM
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。