ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテルニューヨーク
ホテルニューヨーク、そそり立つシンボルは既に粗大ゴミ化
2009083101
 地元ではおなじみの「ホテルニューヨーク」は、「吉祥寺シアター」から目と鼻の先にあります。このホテルが出来てから長いこと、東京方面に向かう電車の進行方向左側の窓から、このホテルのシンボルである“自由の女神像”がバッチリ見えていて、地元民としては、やや恥ずかしい思いをしたものでした。
 もしかして、ホテルの設計を頼まれた業者が「お客さん、ニューヨークのシンボルというたら何ちゅーても“自由の女神”でっせ(大阪弁?)。ド~ンと建てちゃいましょうよ!吉祥寺の名物になって、若いモンがどんどんやって来て儲かりまっせ~。(^_-)-☆」といったかはわかりませんが、とにかく、それは目立っていました。その背丈、4~5mはあるでしょうか?
 ラブホテルのシンボルに自由の女神像ですよ。初めてみたときは、ホントびっくりしたものです。もしかしたら「吉祥寺をニューヨークみたいな、おしゃれでカッコイイ街に!」 という意図もあったのかも知れませんが、斬新というより、突飛なアイデアといったほうが当たっているでしょうね。
 しかし、こういう建造物は、時の流れに磨かれて風格を増していくアート作品と違い、新しいうちだけのモノ。薄汚れてきてしまうと、何ともみすぼらしく、すでに“粗大ゴミ”と化しています(-_-;)。この老朽化ぶりでは、女神像の存続も風前の灯。大地震が来る前に何とかしてほしいです。
 その後、自由の女神像の前には、高いビルが建ちました。ビルは、薄汚れてきた女神像を覆い隠すように建っていますが、このビルのテナントに入った人たちは、薄汚れた女神像がいつも大迫力で眼前に迫っているわけで、何ともお疲れさまです。仕事の効率に影響がなければいいのですが。
 この女神像がピッカピカの現役だった頃といえば、この周辺は悪名高い”近鉄裏”と呼ばれた、まさに絵にかいたような風俗街でした。今では、その面影はほぼ無くなり、安心・安全なエリアに変身しましたが、ほんの僅かですが、当時をしのばせる店もそれなりに生き延びています。
 そんな店で、しこたま飲んだオジサンはホテルの入り口で、おネエちゃんに「ちょっと休んで行こうよっ」などと迫っているかもしれません。
2009083102
ホテルニューヨーク
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。