ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UTBテレビ演劇祭参加作品制作計画進行中(^-^)
「UTBテレビ演劇祭参加作品制作計画進行中(^-^)
」
2009110201
 つい先日、ちょっと興味深いメールが届きました。
メールの内容は、ロサンゼルス・ハリウッドに拠点を置くch18.2 ユナイテッド・テレビジョン・ブロードキャスティング・システムズ(UTB)という会社が、日本の小劇場を中心に、現在活動している劇団の公演DVDを「テレビで放送し視聴者に優秀作品を選んでもらう“テレビ演劇祭”を開催」するので、過去の公演映像を納めたDVDを募集していますから、応募条件をクリアした作品を応募してください。というものでした。
 応募条件というのは、必ず編集してある映像作品で、観客に観られることを前提に制作された作品であり、音声がテレビ放送用に問題なく調整されている作品であること。作品が公序良俗に反するものでないこと。出演者の了解を得ていること。テレビ放送をしても問題がないこと。といった内容でした。UTBテレビ演劇祭としては、応募があった作品の中から、視聴者のメールでの反応で、一番得点を多く集めた作品を“優勝作品”とし、優勝するとその劇団の2名を、3泊5日の「ハリウッド視察旅行にご招待!」してくれるらしいのです。何だか面白そうな話だと思いません?
 何よりも劇団「め組」がアメリカでも観てもらえるなんて♪
 ここまではいいのですが、応募締め切りが2010年2月1日ということなのです。「今、11月4日からの『岡田以蔵』2週間公演を控えていますから、何やかやでお取り込み真っ只中!」なわけで、映像作品を作るにあたっての音楽著作権など、クリアしなければならない条件もいくつかあるし(-_-;)。何より、多くのみなさまから「ぜひ、参加する準備を進めてほしい!」という絶大な後押しがなければ、ヤル気が盛り上がりません(*^^)v。
 そこでファンのみなさまのお力を「参加作品制作基金」として、一口3千円のカンパをお願いしてみたらどうか?という案が急浮上したのです。ご協力下さったみなさまには、11月9日(月)80名様限定で「出品作品“岡田以蔵”特別版撮影を見学」していただこうと予定しています。募集は11月4日~劇「小劇場」でチラシを配布、お声かけさせていただきます。
ではみなさま、ご協力よろしくお願い致します<(_ _)>。
UTB
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。