ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢氏聴取!
「小沢氏聴取!コワモテ!剛腕!超大物!だから狙われた?」
2010012901
 あの小沢さんが東京地検の聴取を受けた!で、マスコミは上を下への大騒ぎです。最近では、小沢さんの行くところ行くところマスコミが大挙して押し掛け、何台もの報道車がカーチェイスのようにぶっ飛ばしています。
 あれだけ見ていると、すでに「犯人!」と決まったかでもあるかのような扱いで、庶民には「やったに違いない!」のイメージがしっかり焼きつく効果絶大です。でも、日々、あんな風に報道されたら気の弱い人なら「カンベンシしてくださ~い」と思わず泣きが入ちゃうのではないでしょうか。考えてみると、日本人って誰かをヤリ玉に挙げるのが好きなのかもしれません。  
 一昔前は、あのサッチーこと野村沙知代さんがワイドショーを席巻していましたし、朝青龍は横綱の品格が…とか、亀田親子がどうのと、責めまくっていたのもつい先日のことです。TVをはじめマスコミは「これで行こう!」と打合せているわけでもないと思いますが、キャスターもコメンテーターもヤリ玉に挙げた人物を一方的に「これでもか~!」と攻め立てます。
 今はもう「小沢はヤッたに決まってる(`^´)」の一点張りで、この方向でオチをつけなくては、「どうにも収まらない」って感じです(+_+)。
 情報通の友人の話では「小沢さんは東京地検の超宿敵で、彼らが目指しているのは、剛腕政治家・小沢一郎の抹殺!もし駄目だったとしても、せめて幹事長辞職に追い込み、その影響力を決定的に奪う!」ことだとか。
3人の元秘書への容疑も政治資金報告書の“不記載や虚偽記入”などで、これまでなら単なる「帳簿のつけ間違い」ということで修正程度で済ませるレベル。なのに逮捕起訴。「これ自体が小沢さんの強大な政治的影響力と新政権つぶしが狙いであることは間違いないですよ!」と、話が止まりません。
 ニュースで「元秘書たちの記憶が一致しない」から怪しい!と報道されていましたが、もし、記憶が完璧に一致していたら「口裏合わせ!」ということになるんでしょうね(ヨギダス編集長は3歩あるいたら記憶がアヤしくなりますが)。どっちに転んでも、いったん”小沢=極悪人”という筋書きを作っちゃったんで、今さら修正がきかないんでしょう。(;一_一)。
 それにしても、国民の大事な予算を審議するための国会が、こんな権力ゲームみたいなことに時間を費やすなんて税金の無駄です。
国民不在の権力ゲーム
スポンサーサイト
謡講
「「謡講」京都粋人の間では静かなブームになっているとか」
2010012201
 もう4年も前になりますが、友人の「還暦祝い」を京都ですることになりまして、東京から新幹線でご一行様一同は京都入りしました。
 京都では、地元の旦那衆的な方々のはからいで、通常「イチゲン様お断り」の場所にも上がらせていただき、興味深い体験も数々させていただきました。能の衣装を作る工房や、西陣織の職人さんの仕事ぶり、舞妓さんが使う扇や、伝統工芸品の仕事場なども身近で見学させてもらいました。
 夜の宴席は、京都の有形文化財に指定されている苔香居というお屋敷で行われ、この宴席に彩りを添えるべく催されたのが「謡講」でした。東京ではほとんど馴染みがありませんが、京都では普通の町家で、ご近所の方々が集まって、よく催されると聞きました。さすが京都って粋ですね(^.^)。
ところで「謡講」っていったいなんですか(?_?)!ですよね。
 「謡講」というのは、「能」の上演形式のひとつで、聴衆の面前で謡い舞う「能」とは異なり、謡い手が障子や屏風の内で謡うという独特の朗読劇のような形式で演じられます。会場は照明を落とし、ロウソクの灯りだけという、ほの暗さの中で演じられますから、聴覚が研ぎ澄まされ、曲のイメージが想像の中で鮮やかに拡がっていきます。感動して涙を流される方も(T_T)。
 吉祥寺では「薪能の会」がお寺さんの境内で開かれ、毎回好評でチケットの入手が困難な時もあると聞いたことがありますが、「薪能」がお好きな方だったら、「謡講」も十分お楽しみいただけるのではないでしょうか。
 今回は、吉祥寺共々人気の街・神楽坂の老舗うなぎ屋さん「志満金」の格式高い大宴会場で、3月6日(土)11時~ 16時~ 2回の公演が行われます。「うなぎは苦手」という方でも大丈夫!特製「松花堂弁当」もあります。「一度名店のうなぎが食べてみたい!」という方もこの機会にどうぞ。
2010012202
謡講in神楽坂
ペットロス
「ペットロス、立ち直るのにかなりの時間がかかることも(-_-;」
2010011501
 ヨギダス編集長が「ネコ好き」というのは、周辺では知られているらしく、ときどき「可愛いネコちゃんがいるんですけど、与儀家の子どもにしていただけませんか」とか、「家族を1人増やしませんか」いうお話をいただきます。こういとき、内心ググッとくるのですが決心できないでいます。
 街を歩いていると時々、電信柱や壁などに「ネコちゃんを探しています。○月○日、ドコソコでいなくなりました(T_T)。見つけてくださった方にはお礼をさし上げます」といった内容のことが書かれています。こういうポスターを見ると、見知らぬ人のこととはいえ、心から同情してしまいます。
 にゃんこもわんこも一緒に暮したら家族です。家族のみなさんがどれほど心を痛めているかと想像せずにいられません。もし、自分ちのネコがちょっと窓を開けたすきに飛び出してしまったら、たぶん、極寒の吹雪の夜だって我を忘れて裸足のまま追いかけ、探しまくるに違いありません。そんな、ネコ好きならではの余計な取り越し苦労を「それって、わかりますよ~」と理解してくれる人もいますが「考え過ぎでしょ!」と一蹴されることも(-_-)。
 ヨギダス編集長が、可愛がっていた茶トラにゃんこのミ―子を18歳で見送ってから8年ほどになりますが、今でもミー子と一緒だった日々や見送った後の部屋がガランとして妙に寂しかった感じを、かなり鮮明に覚えています。もしかして“ペットロス”を長患いしているのかもしれません。
 先日、ご無沙汰していた友人から「可愛いネコちゃんがいるんですよ♪」といって写真が送られて来ました。生後一が月半の子ネコとのことでしたが、やんちゃそうなその子は、友人宅のわんこを見て当初は「ふぎゃ~、ふぁ~っ!」と叫び、尻尾の毛をふくらませてビビりまくっていたそうです。
 その子ネコがある日、わんこと一緒にヒーターの前でまったりとまどろんでいたので「驚きました(^o^)/」といって今度は、わんこ&子ネコの写真が届きました。こういう他愛ない話、ホントに癒されます(^^)/。
2010011502
ペットロスを克服する
初詣
「初詣、ことしも例年通り元気よく新年を迎えました(^O^)/。」
2010010501
 明けましておめでとうございます。
おかげさまで新型インフルエンザの後遺症もなく、無事新年を迎えることが出来ました。あまりの高熱に「このまま脳が溶け出してしまうんじゃないか…」と、恐怖にビビリまくった毎日でした。そして、このまま脳が完全に崩壊してしまったら、会社はどうなるんだろう(;一_一)とか。
 逆に、そうなった後も、何事もなかったようにスイスイ順調に経営が進行して行ったら「自分の存在っていったい何だったんだろう?」って悩むよな。など、支離滅裂な心配事も、次から次へとアタマをもたげてきましが、しばらくすると脳機能もアブないなりに回復はしてきたようです♪。
 2010年、劇団「め組」は劇団員70名を越す勢いの大所帯になってきました。年齢層もかなり幅広くなりました。こうなると普通はお手上げ状態になりますが、ここはひとつ、大所帯の利点を活用しない手はありません。つまり、劇団員同士の競争力を喚起する!ということです。「親」があれこれアドバイスしても、なかなかコトは運びませんが、 ライバルが出現すると人間、嫌でも自発的に動き始めるものなんです。次第に活気も出てきました。
 競争率の高い世界において、上昇志向は大事なことですが“なりふり構わず目標に向かって一直線!”のタイプはうちには合いません。何よりもお互いの存在を尊重し合い、人間として「品性」を大切にしてほしいのです。そして、「品格」を心の中心に置くことを常に意識してほしいと願います。
 組織は縦の関係を崩しては成り立ちません。劇団という小社会の中で、上下の関係性を大切にすることも、しっかりと学んでもらいたいです。
 これからも、さまざまな個性や考えを持った人を採用し、劇団という「モノを創り出す箱の中」で育てていきたいです。海のモノとも山のモノともつかなかった人間が大化けするのをみるのは楽しいものです(^<^)。
2010010502 2010010503
2010010504 2010010505
劇団「め組」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。