ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松沢病院
「松沢病院、ホントは総合病院なのに昔は誤解されていた」
2010032502  
 この時期、「初夏か?」と思うほど、Tシャツ1枚で過ごせる日があったかと思えば、雪でも降るんじゃないか?と感じるほど寒い日があって、コートやダウンジャケットを洗濯屋さんに出すタイミングに悩みます。
 先日、そんなダウンジャケットを引っ張り出して着るほどの“真冬日”がありました。その日は、用事かあって京王線の八幡山に行きました。ここは、ヨギダス編集長が両親と暮らしたことがある懐かしい土地で、お気に入りだった蕎麦屋さんや旨い餃子の店などが今も元気に営業しています。
 新宿から行くと、北側は杉並区、南側は世田谷区です。杉並区側は、繁華街で、両親とよく歩いた道が今もあります。南側には、かの有名な「松沢病院」が。松沢病院はかつて、精神疾患に対して大きな偏見があった時代、心ない人から「キチガイ病院」などと呼ばれた「精神科」が有名な病院です。
 でも実際は、内科から、整形外科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、リハビリ科、歯科まである総合病院で、母親も具合が悪くなると、いつもここのお世話になっていました。病院は広々とした庭に囲まれていて、まるでリゾート地のように豊かな自然に恵まれた環境です。
 “きちがい”それは現在では、放送禁止用語の代表格。万が一、生放送でこの言葉を発言してしまうと、番組内で「お詫び」や「訂正」が必ず入ります。また、古い日本映画などに出てくる場合は、音が消される場合と、お断りを入れてあえて音消ししない場合があるくらいの超差別発言とされます。
 今、心の病なんてありふれたもので、身近に「ウツ」な人がいたりしますし、街で精神・神経科クリニックの看板を見かけるのも珍しくありません。ストレスがキツクで(;一_一)と思ったら気軽に足を運べる距離にお医者さんが居てくれます。でも、それは最近の話で、一昔前「精神病」は、隠しておきたい病気。心を病む=アタマが変になる=キチガイ!だったのです(-_-)。
 それにしても「最近ちょっとウツかな…」と感じたら、「精神科」「神経科」「神経内科」「心療内科」、どこで診察を受けたらいいのでしょう?シロウトには判断がつきません。とりあえず松沢病院にいきましょうか。
2010032501
松沢病院
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。