ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武グループ堤氏別邸
「西武グループ堤氏別邸、和風庭園風の落ち着いた公園に」
2010043001
 荻窪は、もともと武蔵野丘陵地として数々の湧水や湿地などの水に恵まれ、古くは西の鎌倉と並び称される関東屈指の別荘地でした。南口から環八西側にかけて歩くと「誰が住んでいるんだろう?」と想像をかき立てるような立派なお屋敷や重厚な門扉が目につきます。荻窪は、中央線と環八の交差地にしては静かで落ち着きがあり、暮らすには快適な街となっています。
 かつて、関東屈指の別荘地といわれただけのことはあって、歴史に残る文化的遺産も点在しています。その荻窪駅の北口から徒歩5~6分のところに、武蔵野の面影を残す和風の庭園「天沼弁天池公園」はあります。
 昔、この公園の南側広場あたりには「こんこんと水の湧き出る『天沼弁天池』と呼ばれる300坪ほどの池がありました。真ん中には約5坪の島があり、中には弁天様が祀られていました。大正の半ば頃までは、日照りが続くと大勢の農民が集まって弁天様へ祈りを捧げる雨乞いの行事も行なわれていました」そんな過去の歴史が、公園に設置されたボードに書かれていました。

 荻窪在住の友人の話によると、この地には少し前まで、あの西武グループの堤家のお屋敷が建っていたそうで、当時のお屋敷内には大木がうっそうと茂り、周囲は高い石塀で覆われ、どデカイ門前には黒塗りの高級車がいつも停車していて、コワモテのおっさんがニラミを聞かせていたと話します。
 周辺とは一線を画す独特の雰囲気があったそのお屋敷は、子供たちにとっては興味津々の存在で、侵入を試みた子供は数知れなかったといいます。しかし、当時のガードマン(管理人?)であった“金歯でスキンヘッド”のこれまた超コワモテのおっさんに、あっけなく見つかって「このクソガキ~!」と、熊手を振り回して追い回され“命からがら逃げ帰った”という武勇伝を自慢げに話す元ガキ軍団も、最近ほとんどが「還暦を超えた」といいます。
 元堤家でもあったこの地は、由緒ある土地の由来を次代に伝承するため“天沼弁天池公園”と命名。友人は、かつて堤家所有だった大木や高価な庭石たちは「戦後政財界の裏を垣間見た証人」としたり顔。なるほど(^.^)。

2010043002
天沼弁天池公園
スポンサーサイト
歌舞伎座
「歌舞伎座、今月の公演を最後に解体され建て替えに…、」
2010042301
 銀座のランドマークでもある歌舞伎座が4月の公演を最後に取り壊され、立て替えとなります。歴史的に価値ある建造物や古き佳きものが、どんどん失われていく中「ついに歌舞伎座も!」ということになりました。歌舞伎座の建て替えが決まったときは“外観は継承する”という案もあったらしいのですが、結局解体されることに。
 今の歌舞伎座は1924年に建てられました。太平洋戦争の空襲で大きなダメージを受け1950年に改修された後、8年前には登録有形文化財に指定されましたが、老朽化が進んだこともあって建て替えが決まったのだとか。 
 計画では、今の建物は解体され、新たな劇場として29階建てのオフィスを併用した複合ビルになると聞きました。ヨギダス編集長は歌舞伎好きなので、数々の演目を観るために幾度となく歌舞伎座に通ってきました。
 そんなことはあり得ないことなのですが、歌舞伎座はこれから先も、なんの問題もなくずっと存在し続けるように思い込んでいましたので、これまでその外観に対して改めて気に止めることはありませんでした。しかし、「日本の文化的遺産」といってもいい歌舞伎の殿堂が無機質な高層ビルになってしまうという話には「納得できない!」と思う人が多いのは当然でしょう。
 当初の計画では現在の外観は忠実に継承する予定だったらしいのですが、石原都知事から「まるで銭湯みたいだ<`~´>オペラ座のようにしたらいい!」と注文がついたことから見直されたそうです。銭湯?それをいうなら、銭湯を「歌舞伎座みたいだ!」といってくれた方が洒落になると思うのですが?確か、都知事って日本の伝統文化をかなり重んじる方でしたよね(・・?
 ともあれ、新しいビルからはこれまでの装飾が省略され、多くの壁をガラス面にするなど、今とは似ても似つかない姿に変貌します。この計画が現実のものとなった昨年春あたりから、歌舞伎座前で写真を撮る人がグンと増えてきました。取り壊しになる前に拝んでおくのもいいかも知れませんよ。

歌舞伎座
UTBテレビ演劇祭
「UTBテレビ演劇祭、最終選考に残りました(^-^)」

2010041601
 ロサンゼルス・ハリウッドに拠点を置くch18.2 ユナイテッド・テレビジョン・ブロードキャスティング・システムズ(UTB)という会社が、小劇場を中心に活動している日本の劇団に「演劇作品をテレビで放送し、視聴者に優秀作品を選んでもらう『テレビ演劇祭』を開催する」ことになり、過去の公演映像を納めたDVDを募集しているので、応募条件をクリアした作品を送ってください。というメールが届いたのは昨年末のことでした。
 応募条件というのは、編集済みの映像作品で、観客に観られることを前提に制作された作品であり、テレビ放送用に、版権などの問題がなく調整されている作品であること。公序良俗に反するものでないこと。出演者の了解を得ていること。などの条件をクリアした作品であることでした。
 このUTBテレビ演劇祭のシステムは、応募作品を放映し、視聴者のメールによる反応で「一番得点を多く集めた作品を“優勝作品”とする!」というもので、優勝するとその劇団の2名を、3泊5日の“ハリウッド視察旅行にご招待!”してくれる(^_^)vという、ステキなおまけ付でした。
 この話が届いたのは昨年末。下北沢の劇小劇場で「岡田似蔵」上演の際のことでした。そこで、多くのみなさまから「ぜひ、参加する準備を進めてほしい!」という絶大な後押しをいただき「ヤル気を盛り上げよう!」ということになり、DVD映像制作のためのカンパを募ることとなったのでした。
 あれからだいぶ時間が経っていたので「連絡が無いのは予選落ち?ってことかな?」と勝手に思い込んでいましたが、4月8日「め組の作品が最終選考に残りました!」という嬉しいメールが届いたのです\(^o^)/。
 演劇祭が放映されるのは、4月23日からで、最終選考に残った8作品が放映されます。め組の作品が放映されるのは25日以降とのこと。放送時間は深夜に2回。ロスのUTBテレビの無料ケーブルテレビ局です。
みなさま、ご協力、誠にありがとうございました<(_ _)>。
UTBテレビ演劇祭
夏みかんの木
「夏みかんの木、この時期スゴク気になる夏みかんの運命?」
2010032601
 この時期、街を歩いていると、あちこちでたわわに実った夏みかんの木を見かけます。吉祥寺でも、ちょっと歩いただけで、何本もの夏みかんの木に出会います。どれも、大きな実をたくさんつけています。「早く採って~♪」と、夏みかんが催促しているように感じるのは、おボケでしょうか。
 桜の便りを聞く頃になると毎年感じるのですが、街のあちこちに、こんなに夏みかんの木があるというのは何故でしょう?もしかするとピュラーな庭木なんでしょうかね。それにしても、その夏みかんを採取している光景に出合ったことはありません。初夏の頃には道端にごろごろ落ちています。
 友人は、「どうせ採らないのだったら『ご自由にお持ちください』と案内を出してもいいんじゃないですかね。どう考えても、農薬を散布しているとは思えないですから完璧無農薬ですよね。5~6個もあれば、いいマーマレードができますよ。もし、ウチの庭に生っていたら、レシピ付きでさし上げちゃいます。もったいないじゃないですか。放置するなんて!」ですよね。
 だいぶ前ですが、ヨギダス編集長のところに「ウチの庭で獲れた夏みかんで作りました(^_^)v」といって、美味しい手作りマーマレードを送ってきてくださった方がいらっしゃいました。本当に高級スーパーなどで売っているブランド物のマーマレードに比べても負けないくらい美味しかったです。
 秋になると完熟した柿なども放置されていることがありますが、それらは、カラスやモズ、スズメたちが美味しそうについばんでいますから救いがありますが、硬い皮で覆われた夏みかんは鳥たちからも敬遠されているようで、デカイ嘴のカラスでさえつついている現場を見たことはありません。
 さらに友人は「人気の街・吉祥寺産の完全無農薬なんですから、それをウリにしてマーマレードを作ってネットで売ったら儲かる気がしますよ。銀座の蜜蜂が採取したはち蜜だって商品化されて人気なのですからね!」
 そのアイデアGoodですよ!試しに誰か挑戦してみませんか?
2010032602
マーマレードの作り方
劇団「め組」春公演
劇団「め組」春公演“ONE vs HALF”ご来場御礼<(_ _)>
2010040201
 劇団「め組」春公演“ONE vs HALF斎藤一vs中村半次郎”おかげさまをもちまして3月29日、大好評のうちに、無事千秋楽を迎えることができました。
 今回も、たくさんみなさまにおいでいただき、感謝感激です(^^)
 やはり「吉祥寺シアター」での公演は、地元ということもあってか、緊張の中にも、どこかゆとりが感じられるのは気のせいではないようです。
 本読みから稽古、本番へと至る中で、時として役者とそれら歴史上の人物がダブって見えてくるときがあります。「もしかして、○○は、こういう人物だったのかもしれない!」と。そんなとき、密かに身震いします。そして、お客さまにも、この感覚をぜひ体感してほしいと願わずにいられません。
 それにしても、江戸時代の末期、黒船来航から、戊辰戦争までの約16年間。「幕末」という時代は、実にドラマチックな時代でした。この時代を「過渡期」とみるか「その時歴史が動いた!」と見るかで、日本の近代への歩みをどう評価するか?大きく分かれます。一方、幕末から第二次世界大戦敗北までを国際関係史的な立場では「近代」とくくる見方もあると聞きました。
 幕末から明治時代にかけての短い間には、坂本竜馬というスーパースターを頂点に、まさにキラ星のごとく歴史上のスターが次々と登場。後世の人々の心をひきつけて止みません。ほんの百数十年前、「このままでは駄目だ。日本を変えなくては!」と、命がけで戦った男たちが確かにいたのです。
 舞台が終わると感謝の気持ちを込めて、劇場のエントランスでお客さまにご挨拶をさせていただくのですが、みなさまそれぞれお気入りの役者に駆け寄って談笑したり、写真撮影したり、にぎやかな光景が繰り広げられるのが恒例となっています。このとき、すっかり“素”に戻って満面の笑顔でお客さまをお送りするもの、役のイメージを壊さないように集中しているもの、それぞれの表情の内に、満足感や達成感が見えるのは実に嬉しいものです。
 ともあれみなさま、誠にありがとうございました<(_ _)>。
2010040202 2010040204
2010040203 2010040205
2010040206 2010040207
劇団「め組」8月公演
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。