ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニッポン快勝!
「ニッポン快勝!岡田監督たちまち名監督に返咲き(^O^)/」
2010062401
 デンマーク戦。3-1で快勝となりました\(^o^)/。
 韓国には、おおかたの予想通り惨敗し、イングランドとは善戦したものの、結局逆転負け(-_-;)。そしてコートジボワールには、0-2で完敗!岡田ジャパンは、4年前のドイツ大会と比べても、前評判はイマイチどころか、一次リーグで敗退濃厚のような報道をされていた今回のW杯でした。実際、開幕前の選手たちにも元気がないように見えたし、成績不振から、岡田監督の辞退表明が報道されたりもしました。こうなるともう、W杯報道に期待を寄せるような内容は皆無になり「予選突破もおぼつかない!」の一点張りでした。
 しかし、予想に反してカメルーン戦に勝ちました\(^o^)/。
そして、その日から、マスコミも日本国民も態度一変!飽きもせず叩きまくっていた情報番組のコメンテーターのみなさまも手のひらを返したように、岡田監督を絶賛!「ダメ監督岡ちゃん」は一夜にして、歴史に残る名将に返咲き。そのビッグマウスから「口ばっか達者!」とボロクソ云われていた本田選手も、カメルーン戦一発のゴールから、たちまちヒーローに格上げ!
 そして、決勝進出をかけてデンマークと一騎打ちに。引分けでも決勝進出出来たわけですが、何と、3-1で快勝しちゃいました~!負けたら決勝トーナメント進出が絶望となってしまうデンマークは、序盤から必死の猛攻で仕掛けてきましたが、岡田ジャパンは、相手のペースに巻き込まれることなく、終始落着いた試合運びで、前半17分には、ゴール右からのFKを、本田選手が芸術的ともいえる足技で先制!明け方の街はもう興奮状態でした。
 それにしても<(`^´)>!W杯開幕前のマスコミ報道は、ひどかったです。いくらなんでもそこまで云うか?という偏向報道ばっかりで、岡田監督の無能ぶりが繰り返し語られていました。マスコミが報道すれば、国民も同調して「ここぞ!」とばかりに「岡田ヤメロコール!」。でも、これって何かに似てません?そう“小沢幹事長は真っ黒だ!”の一連報道と一緒です(+_+)。
 先日、たまたま朝のTV番組を見ていたら、あのD・スペクターが「新しく首相になった人を寄ってたかって引っ張り下ろすのは日本のお家芸!」と云っていました。外国の方に云われたくはありませんが、日本のマスコミも、公正・中立の原点に返ってほしいとW杯報道を見て強く感じました。
2010062402
開幕前の岡田ジャパン
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。