ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のファミレス
「最近のファミレス、話題の食材がスグ!メニューに登場」
2010062501
 駐車場が広くて、ほぼ駐車ができるファミレスは便利なので、打ち合わせやランチなどに時々利用します。でも、ファミレスって、行くたびに新しいメニューができていますよね。季節のものから、正月からクリスマスに至るまで、その時期売れスジと思えるメニューが必ず用意されています。
 ヨギダス編集長は、記憶装置が“やや怪しく”なってきたので、前回オーダーしたものが気に入って、たまたま出掛けた時に「あれが食べたかったな~」と思っても、その「あれ?」が何だったのか?思いだすのに時間がかかります。やっと、お目当てのメニューを思い出して「○○をお願いします」と、おネエさんに伝えても、すでにそのメニューは無く、おネエさんも新しいバイトの子に変わっていたりもしますから、訳が分からなくなります(-_-;)。
 先日、打ち合わせの時間までに少しゆとりがあったので、ファミレスによってお茶することにしました。とりあえずコーヒーを頼んで、メニューに目を通すと、「マンゴーフェア」とかで、マンゴーを使った美味しそうなメニューが、ジュースからデザートまで、ラインナップされていました。
 ファミレスは“ママ友”といわれる若いお母さんと子どもが一緒の若い家族連れ仲間がメイン顧客ですから、そうした若いお母さんたちのハートをがっちりつかみ「カワイイ~!」とか「オッシャレー!」などと、感動してもらわなければ“繁盛店”として生き残っていくことはできません。
 お値段の方も、思いっ切り努力しているようで、同行の友人は、自分がオーダーした「マンゴーなんちゃら?」を「これって、ここじゃ○百円ですけど、同じものを高野や資生堂パーラーで頼んだら、軽く2~3倍はしますよ。味だって目隠しテストされたら見分けがつきませんよ。圧倒的に違うのは、器や盛り付けテク、店内の雰囲気作りと接客演出ですよ」といいます。
 おっしゃる通!でも、気軽なファミレスもいいですよね♪
2010062502
ファミリーレストラン
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。