ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激安紳士服店の謎
「激安紳士服店の謎、どうして商売になるのか(・・?」
2010092401
 いろいろな街に出没するヨギダス編集長ですが、よく見かけて、いつも??でいっぱいになってしまう店があります。それは紳士服の専門店。街道沿いなど、かなり立地条件のいい場所に、広々とした店舗を構えているのが一般的です。店内に入った記憶はほとんどないのですが、店の前を通りかかったときなどに、店内をチラ見することは少なくありません。
 CMで、1着買うとペアのズボンが付いてくるとか、1着買うと2着目は半額で提供するとか、中には1着9.800円!何てスーツがあったりもします。よほど原価が安いのか?中国製とはいえ、そこまで安くなるのか??
 スーツ自体の仕入れ値はともかく、その他にテナント代、光熱費、宣伝費、人件費といったものがそれぞれの原価に注入されます。最近、老舗百貨店まで激安戦争に参入してきましたが、経営、大丈夫なんでしょうか…。
 このテの店で「爆安!」「激安!」などのセールをテレビCMでよく流していますが、そういうセールのときでも、お客さんが押し掛けているような様子や、店頭に人が群がっているというような光景に出くわした経験はありません。もちろん普段は“閑古鳥が鳴いている!”といってはカドが立ちますが、どうヒイキ目にみても繁盛している風に見えないのです(;一_一)。
 事情通(いつも都合よく登場してすみません<(_ _)>)によると、紳士服専門店のスーツなどがビックリするような爆安価格で売られているのは、中国製より、さらにお安い工賃で清む北朝鮮製がほとんどなのだそうです。
 話によると、生地はヨーロッパなどで大量買い付けして、そのまま北朝鮮に送り、大量発注しているのだということです。こうして出来上がったスーツは、直で店舗に入荷する仕組みになっているので、物流コストが大幅に削減されるのだとか。へえ~、そういうことだったんですか(^。^)。
 でも、そんなに努力していても閉鎖する店、多いですよね。
2010092402
紳士服専門店
スポンサーサイト
阿佐ヶ谷はジャズの街?
「阿佐ヶ谷はジャズの街?えっ、吉祥寺じゃないんですか?」
2010091701
 用事があって阿佐ヶ谷に。阿佐ヶ谷をゆっくり探索したことはほとんどありませんが、久し振りに歩いてみると、あちこちにジャズの店の看板が目につきました。何でも阿佐ヶ谷では1995年「阿佐ヶ谷をジャズで、明るく楽しい街に!」をキャッチフレーズに、住民がボランティアで実行委員会を街のイベント担当として立ち上げ、今年で15年になるといいます。
 大きなスポンサーを持たず、協賛金と共通パスポート券(協賛券)の売り上げ収入だけで運営しているとのこと。「阿佐ヶ谷がジャズの街?」吉祥寺ネイティブの人たちはたぶん「吉祥寺こそジャズの街なんじゃない~!」と、いいはるのではないでしょうか。近隣の駅でいうと「荻窪はクラシックの街」。一部には「吉祥寺はフォークの街」という説も根強くあるらしいです。
 でも、サムタイムやファンキー、ストリングス、メグ、赤いからすなど、名だたるジャズの老舗がひしめく吉祥寺ですから「吉祥寺こそ歴史あるジャズの街」を譲りたくない!と考える吉祥寺通は多いんでしょうね(^^♪
 阿佐ヶ谷には「ラピュタ阿佐ヶ谷」という、ちょっとイカした映画館があります。1998年のオープン当初は、アニメ専門館でしたが、最近は、昔の日本映画を独特の視点でピックアップして上映しています。街のあちこちでポスターを見かけましたが、ヨギダス編集長が子どもの頃、母親の話で聞いた映画の上映もあります。また、小劇場も点在していて、演劇人にとってもちょっと見過ごせない顔もあり、「阿佐ヶ谷、なかなかやるな!」ですよ。
 音楽関係、映画関係、演劇人とくれば、そうした方々のニーズに応える「飲み屋さん!」が多いのは“ニッポンの常識!”というわけで、ちょっとした路地には、いかにもそうしたみなさんが好みそうな店が揃っています。
 秋が深まったら、その辺ものぞいてみたいヨギダス編集長でした♪。
2010091702
阿佐ヶ谷ジャズストリート一
路地裏のネコたち
「路地裏のネコたち、住み家も清潔で幸せそう(^-^)」
2010091001
 ちょっとした用事があって、9月だというのに猛暑日の先日、都心に出掛けてきました。お昼をだいぶ過ぎていましたが気のせいか、通りを行きかう人たちはうんざりしたような顔でした。スーツ姿のおじさんたちはタオルのハンカチで汗を拭き拭き、うつろな目をしていたのが印象的でした。
 出掛けるため車は、昼前から屋外の駐車場に停めておきましたが、ガンガン焼けるように照りつける陽光は、容赦なく車に降り注いでいました。これでもかぁというほどたっぷり日光浴した車は「よくぞ溶けずにエライ!」と、褒めてやりたいくらいけな気に、じっと炎天下で耐えていました。
 以前、バラェティ番組で、炎天下で焼けたボンネットの上で、目玉焼きができるか?実験していましたが、あえなく玉子が滑り落ちて“失敗!”という何ともあほらしいシーンがあったことを一瞬、思い出しました。
 車のドアを開けると、思いっ切り熱せられた空気が、車内から一気に噴き出してきました。焼けて煙をあげているフライパンのそばにいるような“熱さ”でした(>_<)。あまりのことに即行クーラーを入れたのですが、車内の温度はたぶん、50℃以上にはなっていたのでしょう。全く効きません!
 10分くらい走ったところで「目的地まで同乗させて」と頼まれていた友人をピックアップしたのですが、乗り込んだとたん友人は文句タラタラ。「どうして早目にクーラーを入れておかなかったんですかぁ!」といわんばかりに、イヤ味たっぷりでウチワをバタつかせ、鼻息もかなり荒かったです。
 友人を目的地でおろすと、そこには可愛いネコちゃんが6~7匹はいたでしょうか。毛艶もよく、おっとりしていました。そばにいた人の話では「みんな野良ですが、避妊・去勢手術を済ませ、ここで暮らしているんですよ」とのこと。そばを見ると、住宅の一部がネコ用の住居になっていて、清潔に保たれていました。ご近所の有志で協力してお世話しているそうです。
「イイ話」です。猛暑日、ちょっと爽やかな気分になりました。
2010091002
野良ネコを地域ネコに
猛暑日
「猛暑日、ずっと夏のままかもしれない!という声が(-_-;)」
201009301
 今年は確か「冷夏になる」と予報されていましたよね。
ところが、7月から猛暑日の連続!立秋も処暑もとっく似過ぎたというのに、
暑さが収まる気配は全くありません。暑がりの友人は「もしかしたらこのまま死ぬまで夏かも知れない(-_-;)どうしよう」といい出す始末。
 それにしても今年の暑さは異常ですよね。日本は亜熱帯地帯になってしまったのでしょうか。寒さにはめっぽう弱いのですが、暑さにはかなり強い!ヨギダス編集長は、夏でも長袖着用ですが、今年の夏は”半袖のTシャツ”で過ごした日が何日も(;一_一)。ホントに暑さが身にしみていました。
 話は違いますが「め組」の稽古場にあった年代物の大型クーラーは、騒音が激しいおまけに効きが悪く、劇団員からは「図体ばかりデカくて、全然働かないヤツだな~!」と目の敵にされていました。働かないくせに給料だけは一丁前な、どこかの大会社の役員さんみたいな存在だったワケです。
 このクーラーを最新型に変えたところ、サイズはグンとコンパクトになって、よく効くおまけに、電気代が格段にお安くなりました(^_^)v。今までの電気代を考えるとアホらしくなります。「お金をドブに投げ込んでいたようなもんですよ気前イイね~!」と、性格キツ目の友人に笑われてしまいました。
 話がそれてしまいましたが、今年の夏は厳しいです。熱中症で亡くなる高齢者が例年になく多いそうですが、熱中症は屋外で発生するケースよりも、家の中でなることが多いと聞いています。意外な事実でした(-.-)。
 昔は「熱射病」といったものですが、同じような系列らしいですね。何でも歳をとると、暑さが感じにくくなって、気付かないうちに熱中症になる場合もあるとか。ヨギダス編集長は、もともと暑さには強いのですが、もしかして加齢によって、暑さを感じにくくなっているのかも?です。単なるもの忘れと、おボケの違いのように、見分け方が微妙なんでしょうかね。
201009302
熱中症対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。