ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
谷中銀座
谷中銀座、佳き時代の下町の香りが残っている
2011012801
 東京には「銀座」という地名が付いた商店街がかなりの数あると聞きます。ま、それぞれの地域で諸説あるのでしょうが、一番最初に地名に銀座と付けたのは、「谷中銀座!」だと、屋中に長く住むという地元の方から聞いたことがあります。スーパーやコンビニが手軽な場所にどんどん出来ているので“銀座商店街”と賑やかそうな名前がついてはいても、どこも寂しいところが多いのですが、ここ「谷中銀座」だけは今も元気に「銀座」です。
 最近は、雑誌やTVなどでもたびたび紹介されているせいか、休日などは行列ができる店も珍しくはありません。ヨギダス編集長はこのところ、谷中銀座の魅力にすっかりハマってしまい、時間があるとついつい足が向いてしまいます。
あちこちの店で、美味しそうなものを買って帰り、食べてみると、どこの店も「手抜きせずにしっかり作っているな!」と感じさせます。
「美味しいものをきちんと作る」。当たり前のことですが、そんな基本をしっかり頑固に守り続けているところが「下町の心意気(^_^)v」かな。その味を思い出してはスグ駆け付けるのが、よみせ通りの『石川屋食品店』。ここのお惣菜はとにかく「旨い!」お母さんの温かい笑顔(^.^)もとっても素敵で、白いご飯を見ると、たまらなく食べたくなるほどお気に入りの味です。
 この辺りは昭和のはじめ、日暮里駅近道の横丁として2mほどの道に10軒位の店が並んでいたといいます。戦後しばらくして、今の道幅に拡張されてから約70軒のお店がここで商売をするようになったのだとか。
惣菜や弁当、魚、肉、八百屋、お茶、花、文具、薬、雑貨店に本屋、電気屋など、日常生活に必要なものはほとんど揃っています。また、この辺りの多くの店では天然木を用い江戸情緒をデザイン化した洒落た看板を掲げていて、訪れる人を喜ばせる下町情緒あふれる雰囲気を醸しています。
屋根の上では猫が日向ぼっこをしていたり、道端にはご近所の方々が用意した“猫まんま?”がさり気なく置いてあったりします。そんな光景も下町ならではの心優しさを感じさせ、思わず嬉しくなってしまいます。
2011012802 2011012803
谷中銀座

スポンサーサイト
陸上自衛隊第一空挺団
陸上自衛隊第一空挺団、日本の防衛を考えた日
2011012101
 快晴の日曜日。「ぜひ一度見学に行きましょう!」と、前から誘われていた陸上自衛隊第一空挺団の演習を見学に行くことになりました。
行く先は、習志野演習場。午前11時より、陸上自衛隊第一空挺団の(以前、め組で上演した『マイウェイ』のモデルにもなった日本一の特殊部隊)演習が開始されました。落下傘降下、模擬戦闘などを見学しました。
北沢防衛大臣が激励の挨拶をされました。ヨギダス編集長は、初めて目の当たりにした最高のエリート部隊の命懸けの演習に大感動(^_^)v。隊員たちの真剣なまなざし、ほんの僅かな隙も見せないきびきびしたアクションは、本当に見事で美しいものでした。そして、「若者」という言葉を改めてかみしめた、めったに出来ない体験でした。そんなモンに感動するなんて「オマエ右翼か!」なんて思われる方もおいでかも知れませんが、違いますよ(^^)。
同行の友人とは「昨今の男子のだらしなさ、ひ弱さ、なにが草食系じゃ~!」というような話によくなりました。その折に、国外での諜報情報収集に従事し、テロ対策や政治性妨害行為をサポートするイスラエルの対外情報部隊「モサド」の活躍などが話題になり、彼ら特殊部隊の完璧ともいえる仕事ぶりに興味を抱き始めたのが今回見学を計画したきっかけです。
そんなこんなで、「自衛隊の特殊部隊の公開訓練を見てみたい」と友人が望んでいたので今回のセッティングをしました。 その友人は、フォーサイスの小説が好きで、関心の基はその辺に起因しているのかと思います。
ところで先日、別の友人と「徴兵」の話になりました。その友人とは、今の日本の若者たちの体たらくを見ていると「2年間程度は徴兵があってもいいんじゃない!」という話で意見が一致しました。友人は「女はホッといても強いけど、オトコは鍛えないと弱いまんまだから!」と持論を展開。
納得しつつ、日本の防衛に想いを馳せたヨギダス編集長でした。
陸上自衛隊第一空挺団
ドラムの演奏
ドラムの演奏、手足が同時に動くのはなぜ?
2011011401
 何だかんだといいながら、ドラムを始めて、もう7回目の稽古となりました。ドラムを習い始めたきっかけは、ドラムが上手かったら「カッコイイ!」といわれるだろうな。とか「おっしゃれ~!」といってもらえるとか、そんな”不純な動機”ではありません。純粋に音楽的追求が目的なんです(^^)v。
というのは真っ赤なウソです(-_-)。やったことない人でも、ちょっと想像していただくと分かると思いますが、ドラム演奏というのは、手と足がそれぞれ別のアクションをするワケでして、これが、アタマでは理解していても、初心者には脳からの指令がカラダに上手く伝わらない(>_<)んです。
 つまり、アタマ、手、足をきっちり独立させないと演奏が成立しないんです。ライブやコンサートで、ドラマ演奏を見ていると軽々リズムを刻んでいて、楽しそうに演奏しているので「そんなに難しくなさそう(^_^)」と思い込むのですが、これが、始めてみると見るとやるとでは大違いでして、手足それぞれを的確に働かせるには、「あと半年くらいはかかる…♪」そうです(-_-)。
 教室は、井の頭線の富士見ヶ丘にある「ドラムプロショップGATEWAY」といいます。いゃ~楽しいですけど、はっきりいってキツいですわ~。基本からきっちり教えてくださるのは大山肇先生。ご本人も、もちろん現役でライブハウスなどで活躍されています。この写真で見るとまだ、お祭りの太鼓をたたいているようで情けないですが、れっきとしたドラム です(-_-)。
ところで、ドラムを始めた動機についてお話ししましょう。
はっきりいって「ボケ防止!」そう、アンチエイジング対策です。
前述のようにドラム演奏は、手、足がそれぞれ別の動きをしなければならないのですが初心者は、頭が混乱してどうしても手足が同じ動きになってしまいます(+_+)。これを、それぞれ独立した動きが出来るようにするには、脳の回路が整理されないといけません。これまでにない動きを脳が把握することが重要です。つまり「脳がフル稼働する!=ボケ防止」なんです(^^♪。
2011011402
ドラム入門
謹賀新年!
謹賀新年!新たなスタートのご報告です(^^)v
2011010701
 みなさま、新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
年末の慌ただしさから気がつくと新年へ。毎年のことですが、もう何回そんな新年を迎えたことか?うっかり忘れてしまいそうなアブないお年頃のヨギダス編集長です。日本も世界も、元気に立ち直りそうにもありませんが、とりあえずカラ元気だとしても、それなりに元気に新年を迎えることが出来ました。これもひとえに、支えてくださるみなさまの…何て、ありきたりのご挨拶はさておき、2011年は元旦早々、「め組」を応援してくださっている方が、お宅に招いてご馳走を振舞ってくださいました。美味しかったです(^<^)何だか縁起がいい幕開けとなった気がします。
新年初のヨギダスですので、まずはNEWSを!実は、劇団をもう一つ立ち上げることに!劇団の名前は、「め組のよぎんち」。すでにロゴも制作済みです。合馬百香の作品が懐石料理か本格フランス料理ならば、「め組のよぎんち」は、たい焼とかタコ焼。ま、B級グルメとでもいいましょうか。懐石やフレンチも素敵だけど、たい焼やタコ焼が食べたいときってありますよね。
 この新劇団では、これまで出来なかったことにチャレンジいきたいと考えています。「今年は何か大きく変わる元年にしたい」と、みんなが希望していましたので、大袈裟に言うと「め組」ルネサンスだと思うんです。 
何かが大きく変わる節目は、本人たちの意気込みも大切ですが環境も大事な要素です。そういう意味で今年は環境が整ったようで、そんな空気が充満していました。というわけで劇団「め組」は新時代突入です(^^)v。
あと個人的には昨年末の誕生日から「ドラム教室」に通っています。ご存知の通りドラムは手足をバラバラに動かさなくてはイケないので、ボケ防止になります。もう一つ、今年3月「め組」春の公演では、津軽三味線奏者浅野祥さん(20歳慶応大学生)を迎えての公演となります。彼は津軽三味線3年連続日本一!の奏者。合馬作品とのコラボが今から楽しみです。
2011010702 2011010703
劇団「め組」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。