ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わんこのライフスタイル
わんこのライフスタイル、幼稚園から美容エステまで♪
2011022501
 ヨギダス編集長の周辺には、わんこ大好きの人がかなり大勢います。吉祥寺ウォッチングしていると、わんこにオシャレな服を着せて、東急百貨店裏のスタバでお茶している光景に出合うことがよくあります。
いわゆる「Dogカフェ」というのではなくても、「わんこOK」という店もだいぶ増えてきているようで、意外な場所で声をかけられることもあります。それにしても最近のわんちゃんて、ヨギダス編集長が子供の頃の「犬」とは比べ物にならないくらい”ライフスタイル”が変わってきました。
その昔も「愛犬家」はいましたが、どこの家でも「犬」といえば雑種(今はミックスというらしい)が大半でしたし、かれらのほとんどが庭先か玄関周辺の「犬小屋」を住まいとしていました。そして「犬」には、家の番をしたり、怪しい者の侵入を防いだりという重要な役割がありました。セコムなどありませんでしたから、かれらの存在はそれなりに大きなものでした。
思い出してみると、昔の「犬」たちはみんな喧嘩っ早いのが多かった気がします。飼い主と散歩している時、前方から他の犬が同じように飼い主と散歩していて、双方が出会うと「う~っ!」と目をむいて吠えかかったり、威嚇したりする光景に、よく出会ったものです。ところが最近の「わんこ」たちは、とてもフレンドリーで、出会ったときには顔を寄せ合ったり、ニオイをかぎあったりして「こんにちは~元気してる(^.^)」という感じなんです。
 田舎に行くと多少事情は変わるらしいですが、東京のわんこたちは家の中で家族の一員として、人間の子供と変わりなく大切にされています。健康状態や年齢に合わせたドッグフードやおやつが与えられ、誕生日、ひな祭り、子供の日には、わんこ用のデコレーションケーキまで用意されます。
 近頃では、わんこちゃんの幼稚園、保育園、それに泥パックなどをする美容エステなどもあると聞きます。ヨギダス編集長の友人は、ご主人の食べる肉より、わんこの食べる肉の方が「当然ランク上!」といいます。
「主人よりこの子の方がグルメ♪」と笑いますが、奥さんの手料理をよく自慢しているご主人の顔を見るとやや複雑な気持(+_+)になります。
Dogエステ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。