ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見舞い
お見舞い、東北地方太平洋沖地震被災地の皆様へ
 
3月11日の「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々と、ご遺族に対し、深くお悔やみを申し上げます。
また、被災地にて災害対策に全力を尽くしていらっしゃる関係者の皆様に敬意と感謝の意を表すとともに、被災地のみなさまにおかれましては、一刻も早い復旧が、実現できますよう、心よりお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
身近にある沖縄
身近にある沖縄、懐かしい味に出合いたいときは(^.^)
2011031101
 沖縄が、知る人ぞ知る「美味しいものの宝庫」であることは、けっこう知られています。ヨギダス編集長の周辺でも、お取り寄せしたり、沖縄系居酒屋に行って、泡盛を飲んで、沖縄料理に舌づつみを打つ人が少なくありません。
 沖縄の味といえば「豚肉」を使ったものが多く、親しみやすい家庭的な料理が多いのが特徴。もちろん「宮廷料理」といったものもありますが、やっぱり沖縄の人たちは、友人知人、ご近所さんなど、親しい人たちと郷土料理の食卓を囲んで、飲みながら、歌ったり♪踊ったりするのが大好きです。
 ま、基本的に南国ですから、気質は「ラテン系♪」といえます。基本的に人情に厚いですから、美味いものが手に入ると、誰かれなく声をかけて分かち合わずにはいられません。沖縄の夜が賑やかなのはそのせいです。
 沖縄の人の生き方の基本を支えている言葉は「なんくるないさ!」。これは、本土の言葉に語に訳せば「なんとかなる」とか「大丈夫」といった意味ですが、この言葉に象徴されるように、まさに「底抜け!」といってもいい楽観主義DNAを持っているのが特徴というか、自慢したいところです(^O^)/
 沖縄の人は「出会った人はみな友達」と考えていますから、初対面の相手でも仲良くなるのに時間はかかりません。こうした気質は“観光立県”を目指す上でも大きな強みです。みんな根っからの接客好きですから。ただ、本質的には内気で奥ゆかしい気質なので、来る者は拒まないのですが、自分のほうから積極的にアプローチしたりするのはちょっと苦手です(;一_一)。
 そんな沖縄の美味しいものが「いつでも手に入る!」と友人に聞いて、出掛けてみたのが京王線の代田橋にある「沖縄タウン」。ここは、商店街を活性化させるために、商店街の強みである『個店の連なり』を最大限活かして街を再生させようとする“全国初の試み”なのだとか。意外ですが杉並区は、23区内で沖縄料理店が一番多いのだそうです。知りませんでしたよ。
 最後に、商店街の居酒屋で「沖縄そば」を完食(^^)v。店主と「お互い濃い顔ですねぇ」などといいながら、記念2ショットを決めてみました。
2011031102
杉並沖縄タウン
中島央
中島央、ハリウッドから東京へ「殴り込み?」か!
2011030401
 ちょっと気になる若者と出会いました。名前は中島央(ひろし)。職業は映画監督であり、プロデューサーであり、脚本家でもあります。
ヨギダス編集長くらいの歳になると、人に紹介されたり、「一度会ってあげて!」と頼まれたり、あるいは偶然出会ったりなど。さまざまな人たちと触れあう機会が増えてくるものです。多くの場合、「そのうちに…」などと、お茶を濁しているうちに忘れたりしてしまうことが大半ですが、中島央くんは違いました。自分の才能を信じ、とにかく真っすぐでパワフル(^^)/。
中島くんは、無類の映画好きだったお父さんの影響で子供の頃から、とにかくアメリカ映画が大好き♪だったそうで、「いつか自分がハリウッドで映画を作る監督になってやる!」と、幼くして決心したのだそうです。
自我を意識する年頃、何が何でも「コレになってやる!」と、思いこむ少年はかなりいると思いますが、だいたい現実の壁や自分の才能の限界を意識し出すと「ま、夢は夢だから」と現実路線に変更するケースが多いのですが、中島くんは、与えられた才能を無駄にしたら「世界的損失?」と、どこかで信じ込んでいたのでしょう。夢を現実にするために行動開始したのです。
東京生まれの中島君は、東京にだって映画作りを学ぶための専門学校や大学はあるというのに、それらには一切目もくれず、ひたすらアメリカで”最高のハリウッド映画を作る!”ことだけを考えていたんだそうです。
高校卒業を待ちかねて渡米。カリフォルニアのサンフランシスコ州立大学映画学科で、映画作りの基礎からしっかり学びました。やがて、優秀な成績で卒業後、脚本家として作品づくりに没頭し始めました。その後、彼の才能は、2004年、全米スクリーンプレイ脚本フェスティバル-アクション・アドベンチャー作品部門:準グランプリ受賞、という形で認められることに。これを皮切りに、さまざまな映画祭で、数えきれない栄誉ある賞を受賞しました
そんな中島くんがハリウッドで製作した作品「Lily」が4月、シアターN渋谷から劇場公開、loadshowが始まります。ご期待を(^^)v
2011030402
中島央オフィシャルブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。