ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓流ブーム
韓流ブーム、諸説ありますが、いいことでは?
2011102802
最近「韓流ブーム」ということで、JR新大久保駅周辺の人出が、たいへんなことになっているらしく、駅の利用者は驚異的な伸び率を表しているとニュースでみました。このブームのきっかけは、言うまでもなく、あの「冬ソナ」なわけですよね。韓国のKBSで「冬ソナ」が放映されたのは、2002年といいます。翌年4月から、NHKでスタートしたときは、予想外の大反響で、主役のペ・ヨンジュン=ヨンさまは、またたく間に、女性のハートをとらえました。その後、ドラマの撮影地を訪れるツアーには予約が殺到したとか。
やがて、韓国製のドラマが一大ブームになり、次々とスターが生まれました。この韓国ブーム=韓流ブーム。いろいろ批判をする方もあるらしいのですが、ヨギダス編集長は「韓流、大賛成、大歓迎!」なんですよね。
一昔前までは、韓国人やら在日と言うだけで、かなり差別がありました。でも、ヨギダス編集長は中学生の頃から差別には大反対して来ました。それにしても、そんな幼い頃から、どうして「差別に反対!」と意識してきたのか。それは子どもの頃の体験から来ています。「小児ぜんそく」という持病があって、発作を避けるため、長いこと寝たきり生活が続いていました。
同年代の子どもたちは外で元気よく遊び回っているというのに、自分はベッドの上で、天井を眺めながらじっとさせられていました。そんな時「生きる意味って!人間って何だろう?動物との違いは?」なんて、子どもながら人生の意味をあれこれ考えるようになったんです。早熟かな(^_^)v
幼い身に、わけのわからない葛藤が続いたことから、何らかの救いを求めたのでしょう。たいした意味も解らずに、手当たり次第に哲学書なんて読み漁っていました。さまざまな鉄人の考えに触れるうち、人間はみな平等!生まれや育ちなどで差別あってはいけない!と考えるに至りました。
昨今の韓流ブームは、例え一時てきなものであってもいい事だと思います。外国の文化を通して、逆に日本文化も再認識出来るのではないかと思うから。今、ニッポン国も日本人も、再スタートの時だと思うのです。
でも「差別反対!」と、声高に言う人は余り好きではありません。要は、何でも加減だと思うのです。バランスよく生きて行きたいです。
2011102801
韓流スター
スポンサーサイト
ラーメン
ラーメン、一生食べ続けても飽きないかな(^_^)v
2011102101
「お腹空いたぁ~!」って感じると、まず食べたくなるのがラーメンです。一番好きなラーメンはシンプルな昔ながらの醤油ラーメン。最近通っているのは「幸楽苑」です。ご存知のようにあちこちにあるチェーン店なんですが、このお店は「昔ながらのラーメン」がウリで、創業はヨギダス編集長と同じで、昭和27~8年頃だと記憶(アヤしい?)しています。
ここのラーメンは、ごく普通の何でもないラーメンなんですが、月イチ周期で必ず食べたくなります。 忘れていても舌が思い出すのです。
その際、必ず一緒に頼むのは食ライス!つまり「ラーメンライス」というわけです。子供の頃の習慣が脳と舌に、しっかり刻みこまれているのかも。というのは小学生の頃。土曜日の午前中の授業が終わって、腹ペコで家に帰って来ると、おやつ代わりのように、お決まりの即席ラーメン!食べ盛りでしたから、これでは足りず必ずライスを一緒に食べていたものでした。
その時の習慣から未だにラーメンといえば+ライスがセットなんです。他に、好きなのは「豚骨ラーメン!」。でも、お気に入りの店のある場所が遠くて、なかなか行くことが出来ないのです(-.-)。そこは、堀切菖蒲園にある「弁慶」と言う店なんですが、本当に旨過ぎて。一度でやみ付きになってしまったんです。年に一度か二度必ず無性に食べたくなって駆け付けます。
どんな味かというと、こってりしていているのに、さっぱりもしている!ちょっと相反するのですが、得も言われぬ魔法の味わいなんです。もし豚骨ラーメンが苦手じゃなかったら、ぜひ一度行ってみてくださいな。
あとは、ここ数年ブームになっている「つけ麺」。あまり食べる機会がないのですが、一番美味しかったのが、松戸にある中華蕎麦 「とみ田」。少し能書きを言わせていただきますが、つけ麺はつけ汁を濃厚にするため漁粉が入っているんですが、そのバランスが難しいらしいんです。多過ぎると漁臭くなってしまうのですが「とみ田」のは、このバランスが絶妙なんです。
そうそう、小学生の頃に家で食べていたラーメン。残念ながら今では、売っていないのですが、先日、あるスーパーでイベントをやっていて「今でも買える!」コーナーで、偶然見つけて大感動したラーメン。その名は「エースコックのワンタン麺」。そしてなんと、あの「アラビヤン焼そば」まで!懐かしかったなぁ~。普段は「エースコックワンタン麺」は、めったに売っていないので代わりに「サッポロ一番塩ラーメン」を愛用?しています。
コレは、どこでも売っていますよね。そう!忘れちゃイケない「カップ麺」。いろいろ食べてみましたが「カップヌードル」に始まって、カップヌードルにUターン。あっ、ラーメンの話、止まらなくなるんです。
2011102102
人気のラーメンランキング
立ち食いそば
立ち食いそば、最近は「ハズレ!」がありません
2011101401
今日は、立ち食いそば屋さんのお話しですが、何と言っても「早い!安い!そして、それなりに旨い!」んです。セルフサービスで、ぱぱっと手早く食べられるので、時間の無いとき気楽に利用出来ますから。
一昔前の立ち食いそば屋は、うっかり飛び込むと「激マズ!」の店も少なくありませんでした。しかし、今時の立ち食いそば屋は様子が少し違います。そんなにマズいそばを出す店はなくなりましたよ。
そば大好きなヨギダス編集長は、本格的な二八蕎麦も好きなのですが、あっ!以前、京都で食べた店の蕎麦は絶品でしたなぁ。でもそれはそれ! そう言う本格派とは全く違う美味しさが立ち食いそばにはあるんです。
老舗料亭の食事も美味しいですけど、ファミレスの和食だって、かなり開発努力していますから、けっこういい味出しているんです。比較するのは見当違い!というところでしょうか。低価格の立ち食いそばだって、目隠しテストしたらどんな結果が出るか?一度、やってみたら面白いですね。
高級レストランのメニューと普通のスーパーで売っている食品を食べ比べるというTV番組がありましたが”グルメ”を自称する芸能人の多くはハズしていました。いつもしたり顔で味の論評をしていた「あの方」が、ほとんどの味をハズしていたのは笑えない喜劇(>_<)。笑ちゃいましたけど。
ところで、このところハマっているのは「うどん」なんです。お気に入りは「丸亀製麺」と「はなまるうどん」。どちらも讃岐うどんなのですが、トッピングも豊富で店内も衛生的。接客もキビキビして、お薦めです!
また、立ち食いそば屋さんの話しに戻りますが、二十代の頃から時々顔を出している店があるんです。三鷹駅北口にある店で、ちょっと時間が空いた時などに食べに行きますが、昭和から平成へ、昔の思い出がたくさん詰まっている店なので、たまに思い出すと無性に食べたくなるんです(^_^;)。
立ち食いそば紀行
原宿パフォーマンス
原宿パフォーマンス、ヨギダス編集長も昔(^^♪
2011100701
ヨギダス編集長が、芸能界にデビュー?した頃は、パフォーマンスなる言葉が流行りはじめた頃で、まさに原宿の近くの代々木公園の歩行者天国路上では、各種な芸人さん? やパフォーマー?さんたちが、独特のアピールをしておりまして「目立ちたい若者♪」の聖地のような場所でした。
「一世風靡」というグループも、確かあそこから出て来たグループですよね。パフォーマンスという言葉も今では、本来の意味で使われていますが、当時は、ちょっと変わったアクションを起こすことを、十把一絡げで“パフォーマンス”といっていましたよ。で…ヨギダス編集長は、路上での パフォーマンスこそやってはいなかったのですが自分なりの表現を実践していました。
若い頃から縁あって活け花をやっていたもので、舞踏と音楽と活け花を合体させた舞台。自称、「活け花パフォーマンス」を行いました。これは、NHKで取り上げられて、近くのNHK野外ステージで何度か、ご披露させていただきました。そして、その都度衣装やら“パフォーマンス”を補うグッズを、あの「竹下通り」まで買いに走ったものです。いつも、夢中でした。
それから25年間、まったく竹下通りに行く機会が無かったのですが、先日知り合いのライブを見に、会場に行く途中、たまたま竹下通りを歩いてみると、店舗の入れ替わりはあるものの、常識ある大人?をビックリさせる品揃えと、独特の風情は、あの当時とぜんぜん変わっていませんでした。
原宿は、一歩入ると静かな住宅街ですが、裏通りは「ウラハラ」と呼ばれ、個性的なデザイナーの店が次々誕生することでも有名ですね。
オット!舌足らずがあったようなので再度解説しますと、 路上パフォーマンスが流行った頃、それはタケノコ族の後なんです。タケノコ族があまりにも路上を行儀悪く占領した結果、数年間歩行者天国が中止になってしまい、その後、路上パフォーマンスが復活したのです。 そういえば表参道のクリスマスツリーもマナーの悪さで中止になったことがありましたなぁ~。
原宿竹下通り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。