ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタボにトマト!
メタボにトマト!、このブームいつまで続くことやら… 
2012022401
 天災は、忘れたころにやってくる!といいますが、食品のブームは、忘れかけた頃にやってくる?気がするのはヨギダス編集長だけでしょうか。食品ではありませんが大昔、オイルショックの頃だったかな?「紅茶きのこ」というのが大流行!なんだか薄気味悪~いソレが入った容器を、あちこちのお宅で見かけたものでした。発酵飲料?で、効果のほどは忘れました。
 最近は、バナナダイエットとか、納豆で血液サラサラ!頭も良くなるとか、健康番組で紹介されると、翌日には、スーパーの棚がカラになったものでした。あまり、科学的に立証されていないことを大々的に放送したため、その手の健康番組は一時、全くと言っていいほど姿を消してしまいました。
昔から、熱しやすく冷めやすいのが日本人の常!ブームが去ってしまうと、何事も無かったように!考えるに、熱しやすいのではなく、ただ何かに熱中したいんじゃないでしょうかね。だから、さしたる効果がなくても怒ることは無なく。また、次のブームにやすやすと乗ってしまうのでしょう。
劇団「め組」では今「バナナとヤクルトで風邪予防!」というのがプチブームに。バナナとヤクルトを摂り始めてから風邪をひく劇団員が激減しました。情報源は新聞だったか?定かではないのですが、この組み合わせで免疫力UP!できるのだといいます。乳酸菌+食物繊維の働きのおかげ(?_?)
ところで、このところ夕方近くにスーパーに行くと、トマトの棚がガラガラになっていることが(@_@)。で、こういうことに詳しい友人に聞くと「京都大学などの研究チームが2月初旬に『トマトから脂肪燃焼を活性化させる新成分が見つかった』との研究報告を米科学誌に発表したから!」と。
トマトもそうですが、最近、「モヤシ」も品薄になっていることがよくあります。「モヤシがメタボに効く!」とは聞いたことがありませんが、理由は「長引く寒さで野菜か高騰している」せい。そう言えば、もやしを美味しく食べる調味料が「よく売れています」と店長さん、言ってました(^<^)。
2012022402
トマトでメタボ改善
スポンサーサイト
子役
子役、普通?の大人になるのは大変そう(;一_一)
2012021701
大震災、原発事故によるダメージ、長引く世界的不況などで、世の中が何だかすさんできた感じがするのは、ヨギダス編集長だけではないでしょう。先々のことを考えると「不安になる…」人は多いと思います。
そんな影響というワケでもないでしょうが、最近、子役たちが大活躍していますよね。可愛い子どもの笑顔を見ると「癒される♪」ということでしょうか。いつになく子役たちのTV画面露出が目立っているようです。
そんな子役の活躍を見て「ウチの子も可愛さでは負けない!」と考える親の気持ち、分からないでもないのですが(-.-)。よく聞くのは、子供が鏡の前でタレントの歌や踊りなどを見よう見まねで、歌ったり、踊ったりする姿を見てうちに「タレントになれそう(^_^)v」なんて思い込んでしまう話。
よくありますよね。そこから実際にタレント事務所に所属するのは、子供の強い希望なのか、親の強い後押しがあるのかはわかりませんが、どちらにせよ子供とはいえ、売れるにはかなり高~いハードルがあります。
もし、本当に売れてしまって「売れっ子になってしまった!」としたら…ヨギダス編集長は、その子供がとても心配です。いわゆる芸能界は“水商売”です。年端が行かない子供は、進化の過程ですから野生動物に近く、本能的に場の空気を読むことができます。だから、大人の機嫌の取り方もすぐ身に付けるでしょう。特にバラエティーになんか出ようものなら、接する大人も芸能界の先輩と言う立場で、タレントとして子供と向き合うわけです。
結果、視聴者に“子供好きでやさしい”イメージを持ってほしいので「ちやほや!」しちゃいます。TVを見ていると、ちょっと気持ちの悪い違和感と、将来この子はどうなってしまうんだろうか?なんて不安が…。
と言うのも大昔、国民的アイドルだった子役と、大人になってから偶然お友たちになり、数年お付き合いしていた経緯があり、そのような不安感が拭えないから。人気がなくなってからの荒れかたがひどく、振り回され奔走したものです。でも、そんな心配「老婆心?」なのかなぁ~(@_@;)。
子役になれるかな?
中田くん
中田くん、なかなか好評!で、ちょっとインタビュー
2012021001
「中田くんのお見合い」。おかげさまで好評いただきました。
主役が“適役だった!“という声が多くの方から届きましたので、今回は、その中田くんにインタビューしてみることに。イジラれキャラの中田くん、こと、中武億人くんは鹿児島出身。高校卒業後、これといってやりたいことが見つからなかった彼は、とりあえず自分探しのため東京を目指しました。
まずは自立しなくてはならない!ので就職することに…。
希望職種はとくに無かった?ので、とにかく給料の高い会社をみつけ、無事就職しました。会社には故郷の先輩も居て「こんないい会社があるのか!」と思うくらい、毎日楽しくやっていたそうです。しかし、しばらくすると、自分にはもっと出来ることがあるんじゃないかと考えるように(-.-)。
彼は、中学から高校卒業するまで新聞配達をずっと続けてきたという、なかなかの根性の持ち主でしたが「このままでいいのか…」という考えにとらわれ始め、思い悩む日々が…。そんなある日、ふと、高校3年の夏にバイク事故で突然亡くなった親友のことを思い出しました。期せずして若過ぎる人生を閉じてしまった親友のことを思い、「自分は五体満足で健康なんだから、今から何だって出来るじゃないか!」と、自分の可能性に気付いたんです。
やがて「自分の思いを人に伝えられる仕事に就きたい」と、真剣に思うように。でも、人に伝えるには、もっと経験を積み、勉強もしなければ!と思い至り、そのためには“役者修業することだ”と決意したのだとか。また、いつか、故郷の人にも自分の舞台姿を観てほしいと希望していたので、全国学校公演もある劇団「め組」で、一から学ぶことにしようと決めました。
今回は、主役という存在の重さなど何もわからず稽古に突入。
新宮乙矢の稽古初日の写真付ブログに「まだまだ笑顔でいられる中武億人」とあったように、稽古が進むにつれ笑顔が激減。彼は、ずっとダメ出しについて考え、本番を前に死ぬほど不安だったようでした。とは言え、逃げることはできません。彼は、先輩後輩たち、そして客演のみなさん、脚本家を始め、多くの方々助けられ何とか大役をこなし、自信を付けたかな(^_^)v。
「社長の最初で最後の主役!という言葉にも強く助けらました」。と話してくれました。自分には何もできない事を学び、自分には何でも出来る事も学び、舞台本番では、お客さまにたくさんの勇気をいただいた公演でした。
「心から感謝しています」と、ホッとした様子の中武億人です。
劇団「め組」
中田くんのお見合い♪
中田くんのお見合い♪、予想以上の大評判に!
2012020301
今回2回目となりました「よぎんち」公演ですが、おかげさまで初日から、大勢のお客さまにおいでいただき、みなさまにたいへん喜んでいただいております(^_^)/~。「なかなか面白いことになりそうだぞ♪」と、勝手に思い込んではいたのですが、予想的中!という感じです。
若手たちの舞台「よぎんち」は、「め組」の本公演とは対極に位置付けておりまして、例えて言うなら「よぎんち」は、あくまでもライトバージョン!本公演がゴージャス系のディナー風だったら、よぎんちは、ファミレスやファストフードショップでの気さくなメシみたいな?感じでしょうか。
今回も、客演の方々に大いに助けられ、まずまずの出だしです。
終演後の出演者ミーティングで言いました。「今日上手く行ったからと言って明日同じコトを油断してやると必ずしも成功するとは限らない!」お刺身に例えると昨日美味しかったからと安心して、翌日そのまんま出すと、それはもう昨日のお刺身だから、鮮度は確実に落ちている(>_<)。だから「上手く行ったシーンほど、必ず思い返してもう一回創り直してくださいよ」と…。
いずれにしても生の舞台を観ていただくのは嬉しいものです。
新人の役者も、先輩に引っ張ってもらいながら、着実にカラダで芸を覚え始めているようです。“芸は継承して行くものだ!”と、思っておりますので、最終日までどん欲に、先輩方の芸を盗んでいって欲しいものです。
ここでちょっと面白情報を!あの、いつもカッコよくキメているイケメンの新宮乙矢ですが、今回の「中田くんのお見合い」では、本公演では、ゼッタイに見られない180度違うNewキャラを炸裂(^_^)vさせています。
ファンの方から、こんなことさせちゃっていいんですかぁ~!
何て、非難を浴びるギリギリの線で、も~暴れまくっているんです。「よぎんち」は、ベテラン俳優が意外な「顔」を見せるチャンスでもあります。
 みなさま、これからもどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>。
2012020301
中田くんのお見合い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。