ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子役
子役、普通?の大人になるのは大変そう(;一_一)
2012021701
大震災、原発事故によるダメージ、長引く世界的不況などで、世の中が何だかすさんできた感じがするのは、ヨギダス編集長だけではないでしょう。先々のことを考えると「不安になる…」人は多いと思います。
そんな影響というワケでもないでしょうが、最近、子役たちが大活躍していますよね。可愛い子どもの笑顔を見ると「癒される♪」ということでしょうか。いつになく子役たちのTV画面露出が目立っているようです。
そんな子役の活躍を見て「ウチの子も可愛さでは負けない!」と考える親の気持ち、分からないでもないのですが(-.-)。よく聞くのは、子供が鏡の前でタレントの歌や踊りなどを見よう見まねで、歌ったり、踊ったりする姿を見てうちに「タレントになれそう(^_^)v」なんて思い込んでしまう話。
よくありますよね。そこから実際にタレント事務所に所属するのは、子供の強い希望なのか、親の強い後押しがあるのかはわかりませんが、どちらにせよ子供とはいえ、売れるにはかなり高~いハードルがあります。
もし、本当に売れてしまって「売れっ子になってしまった!」としたら…ヨギダス編集長は、その子供がとても心配です。いわゆる芸能界は“水商売”です。年端が行かない子供は、進化の過程ですから野生動物に近く、本能的に場の空気を読むことができます。だから、大人の機嫌の取り方もすぐ身に付けるでしょう。特にバラエティーになんか出ようものなら、接する大人も芸能界の先輩と言う立場で、タレントとして子供と向き合うわけです。
結果、視聴者に“子供好きでやさしい”イメージを持ってほしいので「ちやほや!」しちゃいます。TVを見ていると、ちょっと気持ちの悪い違和感と、将来この子はどうなってしまうんだろうか?なんて不安が…。
と言うのも大昔、国民的アイドルだった子役と、大人になってから偶然お友たちになり、数年お付き合いしていた経緯があり、そのような不安感が拭えないから。人気がなくなってからの荒れかたがひどく、振り回され奔走したものです。でも、そんな心配「老婆心?」なのかなぁ~(@_@;)。
子役になれるかな?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。