ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナポリタン
ナポリタン、吉祥寺にも専門店がオープン
2013022201
横浜が発祥の地といわれるスパゲティ料理「ナポリタン」。これを好んで食べる人が、最近とても目立つ!とネットでみました。ヨギダス編集長世代にとって、ナポリタンといえば、太めでやや軟らかめの麺に、ハムや玉ねぎ、ピーマンを加え、トマトケチャップといためたもので、その味わいは中高年には、そこはかとなく懐かしく、食欲をそそられる一品なのです。
かつて、ナポリタンを食べるのは、ほぼスナックか喫茶店で、飲み物はコーラが定番だったかな(・・?昔は誰も「アルデンテ」なんのこっちゃ状態?でしたから麺は、今のようにシコシコ仕上がりではありませんでした。
そんなナポリタンがこの頃、若者には目新しいメニューとして人気だと聞きます。価格が手頃で、おなかいっぱいになるため、大手外食チェーンの売れ筋メニューにもなっているようです。鉄板にのったジュージュー熱々なんてメニューもあるらしいですからΣ(゚д゚lll)何だか進化しているような?
もちろん子どもの頃から私も「ナポリタン大好き♪」でしたよ。
小学校6年生の頃から、母親がよく作ってくれまして、母の作ってくれるナポリタンが、私のナポリタンデビューでした。母親の作るナポリタンというのは、もう、これでもか~!というくらい玉ねぎやピーマンがどっさり入っていまして、スパゲティを探すのが大変(~_~;)なくらいの代物でした。
カリカリベーコンが入っているのが美味しくて、我が家では子どもが喜ぶメニュー3本の指に入る定番でした。そうそう、なぜかシイタケも必ず入っていましたっけ(^^♪スパゲティ料理というより「焼きそば」のような食べ物?と子どもの頃は感じていました。関西や名古屋方面では、焼きそばやうどん、お好み焼きなどと一緒に、ライスを食べるのが珍しくないですよね。
実はヨギダス編集長、何を隠そう「ナポリタン+半ライス」というのが大好きでして、ライスなしのナポリタンなんか、考えられな~い!くらいなんです。先日、夜中のテレビで、あのマツコデラックスが「ライスのないナポリタンなんか許せない!できたらライスにナポリタンをぶっかけて食べたい!」と言っていたのを聞き、熱く、強く共感しちゃいました(*´∀`*)
喫茶店ナポリタンのつくり方
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。