ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食生活一新!
食生活一新!総コレステロールが((((;゚Д゚))))
2013042601
実はワタクシ、ここ3年間の健康診断の結果、悪玉コレステロールが高くて、善玉コレステロール低い!結果、総コレステロール値が高い!「えっ~なんだかワケがわからない?」ですよね。整理しますと HDコレステロールはいわゆる善玉コレステロール、LDL コレステロールはいわゆる悪玉コレステロールと言われ、前者の数値が低い場合、または後者の数値が高い場合には動脈硬化が進行しやすい。結果、中性脂肪も当たり前のように高値になり、総コレステロールも高い!この説明でわかっていただけたかな(-.-)
それにしてもこの状態、困ったもんです。実は一年前にも、同じような結果が出た際、毎日のように食べていた玉子も一年の間、ほとんど食べませでした。
それなりに努力した結果が、これですよ(一_一)。「何にも自覚症状はないし、気にしなくても」と自分に甘い自分はいたのですが、悔しいじゃないですか。痩せているのに高脂血症だなんて。そこで一念発起!それまでの1日一食生活から1日三食生活に。白米を五穀米に変え、パンはライ麦パンに変える予定でして(笑) で…とりあえずライ麦パンを買って来ました(^<^)
それにしても、ライ麦100%のパンは硬くて食べられません。
これは何か食べやすい方法があるはず!研究します(゚Д゚)!
でも「旬の野菜サラダ」はみなさんにもお薦めしますよ。今しか食べられないサラダなんです。春キャベツを一口大にちぎったものに、新玉ねぎのスライス、四川キュウリのスライスをサックリ合わせたら、お好みの青じそドレッシングをかけて食べてみてくださいな(^^♪まさに絶品ですよ。
このサラダは、毎日三食必ず食べています。いつまで続けられるかわかりませが凝り性の私ですから、結構続けられるかもしれません。あと近頃、中高年からお年寄りまで、コレステロールを気にして肉や揚げ物を一切口にしない人が多くなったとかで「栄養失調症が増えている」そうですね。
今、飽食の時代ですから栄養失調なんて、ピンと来ないかもしれませんが、偏った食生活による栄養障害はかなり多いといいます。でも、かつて長寿No1県だった沖縄では、さまざまな調理法で豚肉をたっぷり食べていました。なので、肉=カラダに悪い!と、思い込むのは考えものですよ(・_・)
2013042602
総コレステロール
スポンサーサイト
三國連太郎
三國連太郎、不世出の役者天才!その存在感は圧巻
2013041901
三國連太郎さんが亡くなりました。
実は私、俳優修行駆け出しの頃に、伊丹十三監督の「まるさのオンナ」で三國連太郎さんの遣いパシりの役で共演させていただいたという体験があります。三國さんは普段から圧倒的な存在感で、普通ではないオーラが全身から漂っていました。そんな近寄りがたい方でしたが、待ち時間には駆け出しの私に役者としての心構えなど、さまざまなことを教えてくださいました。
そうした中で、今でも鮮明に覚えていることをお話して行きます。まずは、役者で「真面目に勉強する奴ほどつまらん奴はおらんと…」と仰っていたのが強く印象に乗っています。かつて、俳優座の研究生だったそうですけど、授業は最初の頃に出ただけで道を挟んだ蕎麦屋で、ずっとサボってたそうです。いろいろな人間を観察している方が「ずっとためになる!」ということを仰りたかったのでしょう。きっと(^<^) 三國さんは普段はやや神経質な方でしたが、いざ本番のスタートが掛かった瞬間、人目を気にせず大胆な演技で…いやいや演技を超えた大迫力で、リハーサル全部の演技が変わって仕舞うんです。間近でその様子を体感していると、本当にドキドキワクワクでした。
三國さんといえば、その凄まじい役作りでも知られています。
一つのエピソードとして、老人役の役作りのため上下の歯を10本抜いちゃったという話はよく知られていますよね。また、プライベートでも役にハマりこんでしまうと、怖くて(;゚Д゚)!誰も近寄れない状態になっていることも少なくなかったといいます。さらには暴行シーンなどでは、リハーサルから本気でボコボコにすることでも知られ、親しい役者さんも、その迫力に脅えたのだそうです。女優さんだったら、そりゃぁ怖かったでしょうね(=_=)

三國連太郎さんと言えば、4回も結婚していますよね、あの佐藤浩市さんは、3番目の奥さんとの間にできたお子さんで、幼い頃に家を出た父に対して「確執があったと」マスコミのインタビューで語っていました。その佐藤浩市さんが「父の役作りのための創造と破壊は凄まじかった…」と。
三國さんはまた、奔放な女性関係でも知られていました。中でも太地喜和子さんとのロマンスが取り沙汰されたことは記憶にあります。太地さんも、感動的に素晴らしい女優さんでしたね。実体験だけではなく、出演作品にも思い出は数々ありますが、今でも私の俳優の原点は三國連太郎さんなんです。本当にもう出て来ない俳優さんでしょう。心からご冥福を祈ります。
2013041902 2013041903
三國連太郎
雅子妃叩き
雅子妃叩き、政治家が誰も知らないハズは(・・?
2013041201.jpg
先月発売のある女性週刊誌によると3月26日、皇太子ご一家が東京駅を出発の際、60代と思われる男性から「税金泥棒!仮病は皇室から出ていけ!」と雅子妃に罵声を浴びせたと報道されていました。ちょっと昔だったら考えられない光景ですよね。近頃の”極右”とされる人たちは「憲法を尊重する」という陛下の考えを快く思っていないとか (=_=) 戦前のように「威厳ある現人神」の如き天皇像をよしとしているのでしょうか。
彼らは、どちらかというとリベラル思考の陛下に不満を持ち。その矛先が皇太子妃に向かっていると分析する人もいます。そんな空気を読んでか、とくに女性週刊誌が「雅子さま攻撃!」を煽っているように見えます。
雅子さまは長年「統合失調症」を患っていると聞きます。この病気の治療には、環境を変えるのが一番と言いますが、立場上、なかなかそうもいかないのでしょうね。それにしても、皇太子ご一家に対する悪意としか思えないような報道が、ごく普通にされているのを見ると、日本人も変わったなぁと感じざるを得ません。一昔前だったら、病に苦しむ人を寄ってたかってを攻撃するなんてあり得ないことでしたし、心ある誰かがたしなめたものでした。
ところが最近では、誰かが攻撃の口火を切ると、それこそ「これでもか~」と言わんばかりの集中攻撃!まるで、人の不幸を楽しむかのようです。私の周辺でも「本当に雅子さまが気の毒でなりません。結婚した時から気の毒だと思っていたけれど。一人の人間としての人権すら尊重されないなんて、本当にお気の毒です」とか「英国には民間の女性に恋したことで王冠を捨てた方も。皇太子さまもそうなされば…」など、同情する声が多いようです。
また「皇室典範を改正し、愛子さまが皇位継承しても構わない。『万世一系』が古来からのものとする説は、明治新政府が国民支配の都合上でっち上げた物語に過ぎない」というものから「愛子さまの継承大賛成。なんで多くの女性が大きく声を上げないのか不思議?」というものまで多種多彩です。
でも、今さら天皇を神格化しなくても「憲法を重んじ、国民の平和を願う心があれば」多くの国民は心から天皇陛下を敬愛します。それにしても、こうした事実を政治家が誰も知らないハズはありません。出版社に注意しないのは「極右化著しい現政権も『天皇の護憲は許さん』と考えているからでしょうか。正しい右翼や保守なら「天皇陛下に従え!」と思いますけど。
雅子さま攻撃の実態

食生活の見直し
食生活の見直し、やっぱり伝統のおふくろの味(^^)v
2013040501
昨日の雨で、桜がほとんど散ってしまいました。でも、しばらくすると八重桜が咲き始めます。はかない印象のソメイヨシノに比べ、八重桜は豪華な情趣があり、これもまたなかなか味わい深い魅力がありますね。ところで最近、体調不良が続いたため、食生活を見直そうか?なんて考え始めています。
考えたら、人間は自分が食べたもので出来ているワケですから、健康な毎日を送ろうとしたら、まず食べ物ですよね。最近は忙しいこともあって、コンビニ食やファストフードで済ませることも少なくありませんでした。
昔、母親が作ってくれたひじきや切干大根、卯の花、きんぴら、野菜の煮物、味噌汁などが、ふと懐かしくなりますが、そうした家で作る「おかず」が日本人の健康を支えるのに一番いい!ということらしいですよ。
そういえば日本の「だし=旨み」が、世界のシェフに注目を浴びているという話も何かの番組で紹介していました。日本の味の原点であるだし。かつおや昆布、魚の骨などから取るだしは、旨いだけでなくヘルシー!話は違いますが、あのマドンナの料理人は日本人女性。雑穀を中心に、旬の野菜や豆類、海藻を食べるという伝統的な日本の食文化をベースにした食事法「マクロビオティック」で、マドンナは若さと健康をキープしているそうです。
最近、マクドナルドが薬漬けで病気の鶏肉を使っていたことを認めました。もともと、こうした食べ物が体にいいわけない!とは思っていましたけど、私の故郷沖縄が、マックやケンタ多食のせいで長寿No1の座を転がり落ちたと「東京新聞」が書いていました。残念です..。 また、このところTPPのことが話題になっていますが、遺伝子雲換え食品で知られる「モンサント種苗」の農産物がTPP参加することで日本の食卓に上るようになるとか。
気をつけていないと、ヤバい食品を知らないうちに食べさせられる!と思っていたら、あるコンビニの弁当工場で働いている人の話がネットで再生回数2万回超えたとあったので見てみたら、そのあまりの内容にビビリました!食べ続けたら病気は避けられない気がしました「怖すぎ!」ですよ。
2013040502 2013040503
コンビニ弁当工場では
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。