ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雅子妃叩き
雅子妃叩き、政治家が誰も知らないハズは(・・?
2013041201.jpg
先月発売のある女性週刊誌によると3月26日、皇太子ご一家が東京駅を出発の際、60代と思われる男性から「税金泥棒!仮病は皇室から出ていけ!」と雅子妃に罵声を浴びせたと報道されていました。ちょっと昔だったら考えられない光景ですよね。近頃の”極右”とされる人たちは「憲法を尊重する」という陛下の考えを快く思っていないとか (=_=) 戦前のように「威厳ある現人神」の如き天皇像をよしとしているのでしょうか。
彼らは、どちらかというとリベラル思考の陛下に不満を持ち。その矛先が皇太子妃に向かっていると分析する人もいます。そんな空気を読んでか、とくに女性週刊誌が「雅子さま攻撃!」を煽っているように見えます。
雅子さまは長年「統合失調症」を患っていると聞きます。この病気の治療には、環境を変えるのが一番と言いますが、立場上、なかなかそうもいかないのでしょうね。それにしても、皇太子ご一家に対する悪意としか思えないような報道が、ごく普通にされているのを見ると、日本人も変わったなぁと感じざるを得ません。一昔前だったら、病に苦しむ人を寄ってたかってを攻撃するなんてあり得ないことでしたし、心ある誰かがたしなめたものでした。
ところが最近では、誰かが攻撃の口火を切ると、それこそ「これでもか~」と言わんばかりの集中攻撃!まるで、人の不幸を楽しむかのようです。私の周辺でも「本当に雅子さまが気の毒でなりません。結婚した時から気の毒だと思っていたけれど。一人の人間としての人権すら尊重されないなんて、本当にお気の毒です」とか「英国には民間の女性に恋したことで王冠を捨てた方も。皇太子さまもそうなされば…」など、同情する声が多いようです。
また「皇室典範を改正し、愛子さまが皇位継承しても構わない。『万世一系』が古来からのものとする説は、明治新政府が国民支配の都合上でっち上げた物語に過ぎない」というものから「愛子さまの継承大賛成。なんで多くの女性が大きく声を上げないのか不思議?」というものまで多種多彩です。
でも、今さら天皇を神格化しなくても「憲法を重んじ、国民の平和を願う心があれば」多くの国民は心から天皇陛下を敬愛します。それにしても、こうした事実を政治家が誰も知らないハズはありません。出版社に注意しないのは「極右化著しい現政権も『天皇の護憲は許さん』と考えているからでしょうか。正しい右翼や保守なら「天皇陛下に従え!」と思いますけど。
雅子さま攻撃の実態

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。