ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行列のできる店
行列のできる店、そこまでして食べたい美味しさ(^_^)
2013071901
行列のできる店が、テレビで紹介されることがよくありますが、吉祥寺には、元祖と言われるような行列店があります。「小ざさ」の羊羹は「1日150本限定。その入手困難さから“幻の羊羹”とも呼ばれ、いつも変わらぬ人気を誇っています。買えるのはひとり5本までなのですが、ほぼすべての人が5本買っていくので、先着30人までに入らなければ買えません。この羊羹の品質をキープするため、一度に炊ける小豆の量はに三升。これでおよそ50本分。小豆を炊いて練り、羊羹を完成させるまでに3時間半もの時間がかかるので、1日に3回の150本が限度なのだとのことです。
吉祥寺の住人である私としては食べてみるしかない!と、一度入手したことがありましたが、チャレンジしたことが(^O^)念願の幻の羊羹は「小豆そのものの美味しさが引き立っていて、さっぱりとした素朴で品のいいお味でしたよ。そして、なんとそのお隣では、やっぱり1日中大行列が途切れない「さとうのメンチ」の店がΣ(゚д゚lll)最近では、丸井の1階に新たにオープンしたパンケーキ屋さんにも、この暑い中、よく行列が出来ています。
そして、吉祥寺住民や吉祥寺ファンなら誰でも知っている老舗やきとり店「いせや」にも!30年ほど前、あるアイスクリーム屋さんが長蛇の列!いつ見ても行列!それが、ある日「ヤラセ…」と聞いて行列に関してやや嫌悪感を持ったこともありましたが、若かったのでしょうかね(―_―)
最近の行列に関しての感想はきっと並ぶこと自体がイベントなんだな~と理解しております。で、変わり者の私は、2年ほど前から最近までラーメン屋さんからケーキ屋さんまで行列店には、一応並んでみることを時々体験致しています。結果、並んで食べるほどの店はそんなにありません。
この程度の味になぜ並ぶのかなぁ(・・?特化している部分を探します。いまどきの共通点はラーメン屋さんなら濃厚系スープかな?その濃厚さが自分の口に合ったりするとしばらく通うことになるんだと思います。
回転寿司チェーン店なら、安さと手っ取り早く食べられることですが理由ですが、土日は1時間待ちは当たり前ですよ。最近は並びませんが、少しでも興味がわくと、何でも体験してしまう懲りない私です(^_^)
2013071902
吉祥寺の行列店
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。