ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リサイクルショップ
「リサイクルショップ、自分のスタイルがある人に」
2009012901
 リサイクルショップ、最近なかなかの人気だそうです。
不況の影響とかではなく、サブプライムローン破綻以前から、コンセプトのきちんとしたリサイクルショップには、かなりのニーズがあったそうです。このビジネスが、通常の小売業と大きく違うのは、仕入先がメーカやブランドではなく消費者。つまり商品を買う立場の人でもあるという点です。
 そのためリサイクルショップでは、流行を先取りした計画的仕入れが難しいわけです。オーナーの経営感覚がしっかりしていることが第一であるとともに、仕入れ担当者のセンスや見立てが“勝負”になるでしょう。
 流行のサイクルが早いファッション関係だと、リサイクルに出された時点で、それはすでに流行の最先端ではなくなっていることになります。だから最先端の流行モノを身につけることだけに“命をかけている方々”にとって、リサイクルショップへの関心は、それほど高くないかも知れません。
 目先の流行に振り回されないで「自分のスタイルや好みを大事にしている!」そういう人にこそ、リサイクルショップの価値はあると思います。
 聞いた話では、上質なお気に入りを、丹念に手入れして、長年大切に愛用している人は、ヨーロッパの人々に多いのだそうです。ガンコに、自分の趣味やスタイルにこだわるというのは、大人っぽくてカッコいいですよね。本当におしゃれな人と“流行の追っかけに命がけな人”そして“とにかくブランド好きな人”どれも似ているようですが、ぜ~んぜん違いますよね。
 先日、中道通り脇を歩いていたら、最近話題のリサイクルショップ・ティファナが目に留まりました。気になったのがこのマフラー。首に巻いてみたら、当日のヨギダス編集長のファッションに違和感なくフィット(*^^)v。
 この店は、出張買取りが基本だそうですから、買い過ぎた服に埋まって暮らしている方、一度“査定”に来てもらうとよろしいんじゃないですか。
リサイクルショップ・ティファナ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。