ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレンタインチョコ
2009021601 「バレンタインチョコ、自分チョコや逆チョコも人気だとか」

 2月14日。いわずと知れたバレンタインデーです。毎年、百貨店やスーパーの特設コーナーでは、2月に入る頃から人だかりができて、日を追うごとに、その数は増します。もちろん、その人だかりのほぼ100%は女性です。
 一昔前までは、バレンタインのチョコといえば女性が、好きな男性に告白するための勝負ツールでした。でも、最近では、自分へのプレゼントとしてバレンタインチョコを買う女性も増えているのだとか。「誰かに上げるのもいいけど、自分のために最高に美味しいものを遠慮なく買う♪」らしいです。
 そんな女性のために、チョコを買う男性も増えているとかで、こうした新たな需要に備え、大手メーカーでは「逆チョコ」や「マイチョコ」を売り出した!と、ニュース番組で報道していました。世間は100年に一度の不況といいながらも百貨店のチョコレート売り場だけは、びっくりするような高価格のチョコレートが飛ぶように売れていると聞きます\(~o~)/。
 ヨギダス編集中のようなおじさんにとって最高級チョコの代名詞。その頂点に君臨するものといえば、真っ先に頭に浮かぶのが、あのキングof“ゴディバ”です。でも、最近では、ちょっと事情が違ってきているようです。
 何につけても一言あるウルサ型の知人にいわせると「今どき“ゴディバ”を本命チョコにしている女性はダサイ!」のだそうで、それは「昔、田舎の人を三越の包装紙で喜ばせだのと同じ感覚ですよ(~o~)」とのたまいます。
 さらに「今や上質がテーマ。チョコにもオートクチュール感覚が評価されている時代ですから“知る人ぞ知る”最高級!そういうチョコを贈られることこそ、本物が分かるセンスある男と認められた証拠(*^^)v」なのだとか。
 とはいえ、明らかに“義理”と思えるチョコでも、もらえば嬉しいもの♪。
ヨギダス編集長も「これっ特別なんですからね~!」と、釘を刺されるようにいただいたチョコがいくつかありますが、嬉しかった(-_-;)ですけど。
スイーツのオートクチュール
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。