ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
杉本由佳ライブ
「杉本由佳ライブ、さすがNY仕込みJAZZの魅力全開!」
2009080301
 8月1日、吉祥寺の名門ジャズライブハウスSOMETIMEで、昼下がりの13時から、ライブがありました。シンガーは杉本由佳さん。彼女は、NYで25年以上ライブ活動してきたという名実ともに本場で認められたJAZZSINGERです。
 由佳さんは本人いわく、「普段はあけっぴろげなおばちゃんですが、ステージのある日は“YUKA”になり、年齢不詳、国籍不明、独身(毒?)で頑張っている」そうです。英語のあいさつで始まったステージは、まるでNYにいるかと錯覚するほどの雰囲気を醸し出していて、いきなり酔いました♪
 ピアノは、あの江草啓介さん。彼はJAZZの他に、美空ひばりさんや森山良子さんはじめ多彩なジャンルの方のコンサートでピアノを担当。「もしも、ピアノが弾けたなら」など、さまざまなアーティストたちの数多くのレコーディングもこなしていらっしゃる音楽界では知らぬ人のない実力者です。JAZZメンというより上品な学者さんを思わせる風貌で、女性ファンから熱いまなざしをおくられていました。卓越した演奏はいかにも心地よく、由佳さんの歌と絶妙にマッチ♪午後のひととき、それはそれは魅力的なライブでした。
 実はこのライブ、あるVIPのサプライズBDパーティーでした。
本人には内緒でライブ会場は設定されていて、何も知らずに現れた本人は、「何これ?とうなっているの~(^O^)!」と驚いていました。このライブを密かに準備していたのは、ヨギダス編集長の“遊び好き”の友人でした。
 そして司会は友人の野口満理子さん。彼女のさり気なくドラマチックに場を盛り上げるセンスは素晴らしく、張りのある声とトークは、まさに「おみごと!」。さまざまな条件が整って“最高のライブ”となりました。
 この日は二次会が、劇団「め組」の“信長/NOBUNAGA”となっていて、ライブを堪能した後は観劇というスペシャルな1日でした。会場では、飲み放題でしたから、ライブ主催者は「劇場で高いびきでも聞こえたたらどうしょう(-_-;)」と心配していましたが大丈夫でした。よかった(^^♪。
2009080302 2009080303  
SOMETIME
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。