ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬼まんじゅう
「鬼まんじゅう、新たな「名古屋名物」見つけました(^O^)」
2009081001
 夏公演「信長/NOBUNAGA」が無事終了してほぼ1週間。細々した公演アフター作業も片付いて、ほっと一息ついたところです。気が付いたら、暦の上ではもう秋。月日のたつのはホ~ント早いものですね。
 何でも、東北地方では今年の梅雨明けは見送られる可能性が出てきたといいます。理由は、気象庁はここ10年あまり、立秋以降に梅雨明け宣言を出したことが無かったからだそうです。最近では、ゲリラ豪雨をはじめとした異常気象が全国的に発生し、トップニュースとなっていました。東京でも、夕方になると雷が轟き渡った直後、集中豪雨になることが多くなりました。
 そんな異常気象のことを考えていたら、異常つながりというワケではないのですがm(__)m、先日、いつも名古屋から「め組」の舞台に駆けつけてくださる方が「名古屋名物です(*^^)v」と、ウチの名古屋出身の入木純一の楽屋見舞に持参してくださったお土産のことがふとアタマをよぎりました。
 それは「鬼まんじゅう」。“名古屋名物”といわれるもののユニークさに、東京の人間はよく、驚かされたり、爆笑させられたりしていますが、この「鬼まんじゅう」は、そういう意外性からは一線を画する和菓子でした。
 昔から名古屋を中心とした東海地方で、庶民の味として親しまれてきた懐かしい味だそうですが、ヨギダス編集長周辺では、入木純一を除いては、お初でした。“鬼”の由来は、ゴロンと大きな角切りのさつまいものインパクトが、鬼やその金棒を連想させるところから、ネーミングされたそうで、名古屋ではコンビニでも売っているごくポピュラーなお菓子とのことです。
 手にすると、ずっしりと重量感があります。食べてみるとほんのり自然な甘さがあり、素朴な味がしました。ちょっと小腹が空いたときなどにもいいかも知れません。この「鬼まんじゅう」の存在。  ちょっと気になったので、どんなもんか?と検索してみたら、驚いたことに「全国鬼まんじゅう普及協議会」というサイトを見つけちゃいました「名古屋恐るべし!」です。
2009081002
全国鬼まんじゅう普及協議会
コメント
この記事へのコメント
えっ!知らなかった全国鬼まんじゅう普及協議会!!鬼まんじゅうを持参した本人も知りまへんでした!
まっこと!恐るべし!!
鬼まんじゅうの箱を持って満面の笑みの与儀さん最高っす!ご紹介できてよかったっす!
次の名古屋名物は・・・宮きしめん!かな?
2009/08/10(月) 20:59:24 | URL | 名古屋の方 #-[ 編集]
つげっちさん、鬼まんじゅうおいしかったよ♪
いつも遠路はるばるお越し頂いてありがとう。
鬼まんじゅう独特の食感でハマりましたぞ♪
宮きしめん???食べたいなー
わがまま言ってすみません。
書き込みありがとうございます。
2009/08/12(水) 05:32:29 | URL | よぎです。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。