ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の視点
「女性の視点、女性の共感を呼ばないものは人気が出ない」
2009102601
 女性って“ほんのちょっとの差”いわゆる「ディティールこだわるんですよねっ」と、長年広告関係の仕事をしている友人はいいます。そういう視点を無視して商品化したものは、女性の“買いたい気持ち”に訴えかけることが出来ないらしく“売れない(;一_一)”ことが多いのだとか。
 女性の琴線に触れるような「ほんのちょっとの違い」を意識して作られた商品が女性の心理をとらえ、「なるほど(*^^)v」と、生活の中で実感されたりすると、ちょっとトクした気分を体験したことを女性は黙ってはいられないため、周囲に「いいモノ見つけちゃった!」と話しちゃいます。そういうことが重なることで、思わぬヒット商品が生まれることも多いのだそうです。
 つまり女性の感性に訴えることを重視した方向へと商品をシフトできず単にモノとしてだけ商品をとらえていたら、「女性に振り向いてもらえない!」ということらしいです。オトコは、どちらかというとモノを買う時、ほぼモノとして商品をとらえます。車でも、服でも、インテリアグッズでも。
 新しく何かを買いたいという気にならない人が多くなっているといいますが、もちろん不景気のせいもあるのでしょう。バブルの頃、ブランド品漁りをしていたという先の友人も「あの頃はただモノとして自分が持っていたいだけだったから、そのモノが持つ本質的な価値とかは分かっていなかったんですよね。今考えるとバカみた~い(;^_^A」とやや反省気味です。
 話は変わりますが女性たちと街歩きをしていると、目に留まるものが中高年真っ只中のヨギダス編集長とかなり違うことに驚かされることがしばしばです。目の付けどころが違うというのでしょうか、オジサンの目には全くフォーカス出来ないものがバッチリ見えてしまうのです。そんな“女性の視点”に刺激を得ながら、ボケの進行を食い止めたいと願う今日この頃です。
2009102602
女性の視点でウォオッチング









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。