ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東映大泉撮影所
「東映大泉撮影所、輝くスターさんに憧れた時代も(^_-)-☆」
2010052801  
 目的があって遠出をしようと車を飛ばしていたある日、偶然通りかかったのが東映大泉撮影所でした。そこは懐かしい場所でもありました。何を隠そう、ヨギダス編集長は若い頃、原宿あたりで東映のスカウトマンの目に止まったことがキッカケとなり、ニューフェースとしてデビューすべく大泉の東映撮影所で、さまざまなトレーニングを受けていたことがあったのでした。
 その昔、映画スターさんというのは、もう、一般人とは比べ物にならない別格の存在で、今のタレントさんとは違い、まさに“雲の上の人”でした。「女優さんはトイレに行かないらしい(・・? 」などと、まことしやかにささやかれた時代でしたから「映画に出る!」といったら、それはスゴイことだったのでした。撮影所内では、スクリーンで見かけた俳優さんや女優さんが、それこそきらめくようなオーラを身にまとって行き交っていました(^^♪。
 若かったせいもあってか、この中にいるだけで、自分もスターの仲間入りをしたような錯覚に陥っていたことはいうまでもありません。勝手ながら、スカウトされるくらいですから、将来は約束されたようなもの(*^^)vと、信じ込んでいました。ちょっとした役柄で、いろいろな映画に出るようになってくると、その思い込みは、どんどん果てしなく膨らんでいきました。
 「自分には才能がある!」し、演技だってそこらへんのヤツにはゼッタイに負けない自信がありました。しばらくすると、自分が「大したことない」と思っていた人間が認められてデビューしたり、注目されるようになっていきました。  
 自分の方が圧倒的に才能があるはずなのに「おかしい?」。そう思い出すと居ても立ってもいられず、気がつくと撮影所を後にしていたのです。堪え性がない、というか、そもそも根性がなかったのかもしれません(-_-;)。
 考えたら、スターになるって宝くじで三億円当たるようなもの!イケメンだって、かっこイイ男だって、世の中にそんな人間いくらでもいるんですから。やっぱり運やタイミングというか、時代のチャンネルとその人間の存在が奇跡のようにぴたっと重なってしまうことで生まれるんだと思います。
 プラスαとして、根性や努力が必要なのは云うまでもありませんが。
2010052802
東映大泉撮影所
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。