ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三浦屋吉祥寺店復活!
「三浦屋吉祥寺店復活!やっぱり吉祥寺には三浦屋です!」
2010071601
 サンロードを入ってスグ、吉祥寺の老舗高級スーパー三浦屋がありました。今は、Chiyodaという靴屋さんが入っているビルですが、サンロードから三浦屋が無くなったことは、長く吉祥寺に住んでいる人たちや、吉祥寺ネイティブにとっては、とても寂しく、残念なことでした(;一_一)。
 三浦屋は何故か、古くから吉祥寺に住んでいる人たちから「三浦屋さん」と呼ばれていました。普通、店名をさん付けで呼ぶのは、売り込みに来た人、もしくは、出入りの業者さんくらいのものではないでしょうか。
 お客さんが店に“さん”付け?って思う方もいるでしょうが、吉祥寺ではごく自然にそう呼ばれていました。それだけ親しまれ、街に溶け込んでいたんでしょうね。三浦屋には、ワンランク上の、いいものが揃っているため、普通のスーパーと比べてお値段はやや高めでしたが、安心して買えるのと、老舗ならではの存在感で、つい、行きたくなる(^<^)独特の雰囲気がありました。お客さんの多くは舌の肥えた熟年層が中心で、ヨギダス編集長もいくつかの定番お気に入り食品は、ウォッチングがてら三浦屋で調達していました。
 大食い(^^)のヨギダス編集長には、何としても、ご飯の“量”がもの足りませんでしたが、周辺のグルメ女性や熟年世代にとって、本格調理のお惣菜が何種類も入っていて、ご飯の量が控えめの三浦屋弁当は人気でした。
 そんな三浦屋は、2009年の2月いっぱいで閉店となったのです。
“吉祥寺伊勢丹跡に三浦屋!”そんなニュースが新聞紙上に載ったのは、つい先日のことです。場所は、この3月に閉店した伊勢丹デパ地下エリアだそうです。吉祥寺は、「ロンロン」が「アトレ」 になって、それなりに洗練されたエリアに変身しました。しかし、どこかで見たような?気がします。
 吉祥寺らしさとは?ヨギダス編集長に「これでこそ吉祥寺!」というイメージを問われても困りますが、新たな駅ビルには、何か違和感があります。「別に、わざわざ行かなくてもいいか?」という気になったのは確かです。
 三浦屋が、そうなってしまはないように、店長さん頼みますよ!
2010071601
三浦屋

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。