ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チューリップ
「チューリップ、家庭の台所には1年中これが無ければ(^^)。」
2010082001
 チューリップ。沖縄の家庭の台所で、これが切れるということはありません。
 チューリップとは、豚肉すり身を牛乳タンパクで固めたポークランチョンミートのことですが、東京ではほとんど見かけません。東京でこの手のものを探すとなると、例のSPAMということになるでしょうが、沖縄ネイティブは圧倒的にチューリップ支持で、これに関しての政権交代は「ほぼ100%あり得ない!」とヨギダス編集長はあえて予言しちゃいます(^_-)-☆。
 チューリップは終戦直後の配給物資として、沖縄の食卓に浸透していきました。戦後の食糧難に、このポーク缶詰は瞬く間に普及!というのも沖縄ネイティブは元々、豚肉をこよなく愛する民族でしたから、チューリップは、その嗜好にピッタリとマッチしたのでした。というわけで、チューリップ=ポークランチョンミートは沖縄の食生活にいちはやく取り入れられ、今では沖縄の食文化の代表格として、食卓に欠かせない一品となっています。

 沖縄で「ポーク」といえば、当然のようにチューリップを指すほどポピュラーな食材で「ポーク玉子」「ポークおにぎり」「ゴーヤチャンプルー」をはじめ、チューリップを使った沖縄料理はかなりあります。今のところ3個しか思い浮かびません(-_-;)が「無数にある!」のは間違いありません。
 しかし、アメリカ軍からの配給とはいってもチューリップの原産国は意外なことにアメリカではなく、ポーク生産量世界一のデンマークです。
 そんなチューリップですが、消費量の面では沖縄がダントツ世界一!ではないかと勝手ながらヨギダス編集長は断言させていただきます(^^)v。チューリップはとくに、ゴーヤチャンプルーには欠かせません。東京では、薄切りの豚肉を使ったレシピが一般的ですが、本場ではチューリップ以外は考えられません。ぜひ一度、チューリップで本場モノをお試しくださいm(__)m。
チューリップ
コメント
この記事へのコメント
チューリップ初めて知りました

夏バテには最高に効果が有りそうですね

いつもヨギダス楽しみにしています!

暑いのでお体大切になさって下さい
2010/08/21(土) 03:07:37 | URL | sallymayu #-[ 編集]
月並みですが、暑いですねぇー
ランチョンミート、もう一つ美味しい食べ方
忘れていました。タマネギと一緒に炒めて食べて
くださいな、これは癖になりますよ。
2010/08/23(月) 13:00:34 | URL | よぎです。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。