ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
路地裏のネコたち
「路地裏のネコたち、住み家も清潔で幸せそう(^-^)」
2010091001
 ちょっとした用事があって、9月だというのに猛暑日の先日、都心に出掛けてきました。お昼をだいぶ過ぎていましたが気のせいか、通りを行きかう人たちはうんざりしたような顔でした。スーツ姿のおじさんたちはタオルのハンカチで汗を拭き拭き、うつろな目をしていたのが印象的でした。
 出掛けるため車は、昼前から屋外の駐車場に停めておきましたが、ガンガン焼けるように照りつける陽光は、容赦なく車に降り注いでいました。これでもかぁというほどたっぷり日光浴した車は「よくぞ溶けずにエライ!」と、褒めてやりたいくらいけな気に、じっと炎天下で耐えていました。
 以前、バラェティ番組で、炎天下で焼けたボンネットの上で、目玉焼きができるか?実験していましたが、あえなく玉子が滑り落ちて“失敗!”という何ともあほらしいシーンがあったことを一瞬、思い出しました。
 車のドアを開けると、思いっ切り熱せられた空気が、車内から一気に噴き出してきました。焼けて煙をあげているフライパンのそばにいるような“熱さ”でした(>_<)。あまりのことに即行クーラーを入れたのですが、車内の温度はたぶん、50℃以上にはなっていたのでしょう。全く効きません!
 10分くらい走ったところで「目的地まで同乗させて」と頼まれていた友人をピックアップしたのですが、乗り込んだとたん友人は文句タラタラ。「どうして早目にクーラーを入れておかなかったんですかぁ!」といわんばかりに、イヤ味たっぷりでウチワをバタつかせ、鼻息もかなり荒かったです。
 友人を目的地でおろすと、そこには可愛いネコちゃんが6~7匹はいたでしょうか。毛艶もよく、おっとりしていました。そばにいた人の話では「みんな野良ですが、避妊・去勢手術を済ませ、ここで暮らしているんですよ」とのこと。そばを見ると、住宅の一部がネコ用の住居になっていて、清潔に保たれていました。ご近所の有志で協力してお世話しているそうです。
「イイ話」です。猛暑日、ちょっと爽やかな気分になりました。
2010091002
野良ネコを地域ネコに
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。