ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阿佐ヶ谷はジャズの街?
「阿佐ヶ谷はジャズの街?えっ、吉祥寺じゃないんですか?」
2010091701
 用事があって阿佐ヶ谷に。阿佐ヶ谷をゆっくり探索したことはほとんどありませんが、久し振りに歩いてみると、あちこちにジャズの店の看板が目につきました。何でも阿佐ヶ谷では1995年「阿佐ヶ谷をジャズで、明るく楽しい街に!」をキャッチフレーズに、住民がボランティアで実行委員会を街のイベント担当として立ち上げ、今年で15年になるといいます。
 大きなスポンサーを持たず、協賛金と共通パスポート券(協賛券)の売り上げ収入だけで運営しているとのこと。「阿佐ヶ谷がジャズの街?」吉祥寺ネイティブの人たちはたぶん「吉祥寺こそジャズの街なんじゃない~!」と、いいはるのではないでしょうか。近隣の駅でいうと「荻窪はクラシックの街」。一部には「吉祥寺はフォークの街」という説も根強くあるらしいです。
 でも、サムタイムやファンキー、ストリングス、メグ、赤いからすなど、名だたるジャズの老舗がひしめく吉祥寺ですから「吉祥寺こそ歴史あるジャズの街」を譲りたくない!と考える吉祥寺通は多いんでしょうね(^^♪
 阿佐ヶ谷には「ラピュタ阿佐ヶ谷」という、ちょっとイカした映画館があります。1998年のオープン当初は、アニメ専門館でしたが、最近は、昔の日本映画を独特の視点でピックアップして上映しています。街のあちこちでポスターを見かけましたが、ヨギダス編集長が子どもの頃、母親の話で聞いた映画の上映もあります。また、小劇場も点在していて、演劇人にとってもちょっと見過ごせない顔もあり、「阿佐ヶ谷、なかなかやるな!」ですよ。
 音楽関係、映画関係、演劇人とくれば、そうした方々のニーズに応える「飲み屋さん!」が多いのは“ニッポンの常識!”というわけで、ちょっとした路地には、いかにもそうしたみなさんが好みそうな店が揃っています。
 秋が深まったら、その辺ものぞいてみたいヨギダス編集長でした♪。
2010091702
阿佐ヶ谷ジャズストリート一
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。