ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千円カットの店
「千円カットの店、意外といいみたいですよ(^_^)v」
2011061701  
 最近、街のあちこちで見かける「千円カットの店」。
気になってはいましたが、ヨギダス編集長は、長いことカットをお願いしている美容師さんがいます。なかなか忙しくて予約が取れない時、たまたま違う店に行ってしてしまうと印象が激変!(周囲の人は気付かないらしいのですが)してしまうので、いつもの店に全面的にお任せしています。
 そんなわけで、千円カットの店って、興味はありながら、利用はしていません。あっさり系の顔に男性だと、ヘアスタイルが多少変わっても、それほど見た目の雰囲気は変わらないと思うのですが、ヨギダス編集長のような「濃い系顔?」の人間は、ミリ単位の角度で「いつもと違う!」と勝手に思い込み、何をしていても居心地が悪いというか、落着かなくなるんです(+_+)。
 で、「千円カットの店を試してみた!」という知人に、話しを聞く機会があったので、あれこれ聞いてみました。彼の話では、千円とはいっても“見習いさん”などが、技術講習でカットするのではなく、ちゃんとしたプロの美容師さんが、手際よくササ~ッとカットしてくれるのだそうで、彼を担当した美容師さんは以前「原宿の有名な美容室で働いていた」ということです。
 事前に、どんなスタイルにしたいのかちゃんと注文を聞いてくれて、カットに入ると雑談をすることもなく約15分でカット終了。カット専門なので当然、シャンプーやブローはなく、切った髪の毛は吸引機でキレイに吸い取ってくれ、仕事の流れはかなりスムーズだったとか。「特別に個性的とかスタイリッシュな髪型にしたいわけではなければ、これで十分!」と思ったそうです。
 彼は奥さんに「ワンちゃんのカットに毎月7千円かかるんだから、アナタはこれで十分よね!」と念を押されたそうです。ちなみに、周囲の友人たちに”千円カット”とはいわないで、仕上がりを見てもらったら「超イイ感じじゃ~ん♪」と言われたそうです。「千円カット恐るべし!」ですね。
千円カットの店が儲かる理由
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。