ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯電話
「携帯電話、けっこう長~いお付き合いに(^_^)v」
2011062401
携帯電話。私が使い始めたのは相当古く、とくに意識はしていなかったんですが、先日docomoの窓口に修理に行った時、担当者の方がヨギダス編集長のデータを見て、「お客さまの携帯電話の初期登録って、私の生まれた年と同じですよ」と…びっくりしていました。そう言えば使い始めた当時“保証金”なるものがあって20万か30万?払ったような気がします。
「ショルダーホン」と言って、肩からかけるA4サイズの電話で、そりゃー今では信じられない位大きな携帯電話でした。月々の通話料だって、かなりの値段だったように記憶しております。当時は“最新技術を買う”って、そんな値段だったんですね。今では、誰でも当ったり前に使っていますが。
最近、ふと気がついたのは、高齢の方が楽しそうに使っていらっしゃる光景。多くの方が、マナーモードにはせず、着信音鳴らしています。ま、仕方がありませんが。「母さん今、喫茶店で珈琲飲んでるんだけど、帰りにお肉買って行こうかねぇ?」な~んて、微笑ましい会話をによく耳にします。
ところで最近、若者の多くは携帯をマナーモード設定にしているんですね。ある劇団員に、その理由を聞くと、着信音鳴らすと「みんなに注目されちゃうから、ダサくて恥ずかしい…」のだそうですよ(+_+)。なるほど、人前で呼び出し音が鳴るのは、「ダサいから鳴らさない!」一応納得ですが、携帯電話が普及し始めた頃の若者は、ビービー着信音鳴らす、いわゆる“わず鳴ら”やって、辺り構わず大声で喋っていたもの。時代、変わってきましたね。
いつだったか 雑誌に載っていた、自動車輸入業者「ヤナセ」会長の言葉を思い出します。「何でも流行りに飛びつくのではなく、時代の流れと共にあらがえないコトもあるのは仕方ない…」ですよね~。 分かります。
未来から見れば、今の携帯電話がいくら小さくても、手に持って「もしもし」なんてやっているのが可愛いく見えるんだろ~な(^^♪きっと。
携帯電話の歴史
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。