ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よぎんち快調!
「よぎんち快調!真夏のひとときに濃いめの笑いを(^<^)」
2011072901
 早いもので、よぎんちの旗揚げ公演まで、あと3日!「暑い、暑~い」といっているうちに、もうすぐ立秋(`´)。でも、秋風を感じるのはいつ頃からでしょうか?待ち遠しいです。暑さには「強い!」ヨギダス編集長ですが、ここ何年かの猛暑には、正直うんざりしております(+_+)。
 何はともあれ、目前に迫った公演の仕上がり具合に、それなりに満足したり、「みなさまに喜んでいただけるかなぁ…」と、柄にもなくシャイになることもある今日この頃。みなさま、いかがお過ごしでしょうか(^_^;)。
ヨギダス編集長の「何か、面白いことやりた~い!」の一言から始まったこの新ユニット。時代劇でおなじみの劇団「め組」ですが、今回は、脚本に川口清人さん、ゲストに松井誠さんの事務所「誠オフィス」から佐々岡美幸さんを迎えて、若手劇団員が、これまでになかったヒューマンコメディーにチャレンジします。思いっ切り笑えて、そして、ハンカチ3枚ぐしっょりになるくらい泣かせたい!と一同、猛暑の中最後の仕上げに汗を流しています。
そんな中で、ちょっと光っている若手を紹介したいと思います。
それは玉城誠。ヨギダス編集長と同郷で、役者を初めて今年で5~6年?になります。やや感じられる“沖縄アクセント”が、一部女性ファンから「カワイイ~(^<^)」絶賛され、本人はちょい照れているんですが、いわゆる「イケメン♪」系で、東京に遊びに来た二十歳の頃、原宿で「モデルになりません?」と、あの「ジュノン」のスカウトマンから声をかけられたのだとか。
 その頃本人は、「自分にそんなことが出来るのか…?」、まだまだ自信が無かったこともあったらしいのですが、そうこうしているうちに面接に指定された日が迫って(^_^;)、迷いもあってか、その日に行かれなかったらしいのですが、行っていたら、もしかして別の道を歩いていた可能性大(^^)vです。
 まだまだ、発展途上にある玉城誠ですが最近、演劇通?の方に「まーくんは、持っている!」と言われたのでそうです。ホントかどうか、どうぞみなさま、確かめるためにも、ぜひ、劇場に足を運んでくださいませ<(_ _)>。
よぎんち「マラカイト」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。