ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マラカイト
「マラカイト、好評のうちに無事終了いたしました。」
2011081201
 みなさま、先日は「よぎんち」旗揚げ公演、ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。おかげさまで、新ユニット:よぎんちの第一回公演「マラカイト」が、無事終了いたしました。幕開けまでは、ああもしたい!こうもしなければ!など、さまざまな発想が頭をめぐり、そうこうしているうちに、うっかり「ヨギダス」を1回すっ飛ばしてしまいました。ご心配くださったみなさますみません。
 少し疲れたくらいで、健康的にはほとんど問題は無いようです。芝居というのは、アタマより、体力勝負というところがあります。上手く、アタマとカラダがバランスを取って働いてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのが…。
「何か面白いことやりたい!」。ヨギダス編集長の一言でスタートした企画でしたが、お陰さまで劇場に来ていただいた方々からは「め組の新たな魅力が開花したという感じですね」とか「若い人たちがいきいきと輝いていましたね」また、「スゴイ可能性のある役者さんがたくさんいるんですね」など、身に余る嬉しいお言葉を、目の肥えたみなさまからもいただき、たいへん恐縮いたしております。
劇団「め組」の定番であった合馬作品を今後、より生かしていくためにも、今回の新人起用の舞台は、確実に劇団の将来に繋がったと実感できました。さらに、若手の役者たちの中に、これまで気付かなかった新たな可能性があることも発見もできました。本当にさまざまな収穫があった旗揚げ公演でした。
そして、日替わりで協力してくれたベテランたちの力に負うところ「大」でありました。彼らのお陰で舞台がキリットと引き締まったのは確かな事実です。
合馬作品を長い間上演してきた劇団「め組」にとって、全くカラーの違う作品での新人起用は、内心ヒヤヒヤしながらの稽古場でした。でも、まさに“イマ”を生きる若者のエネルギーは、とても力強く、パワフルでした。結果、やや荒削りではありましたが、多くのみなさまから高評価を受けることが出来ました。
これからも合馬作品ならではの「美しい独特な世界」をメインディッシュとしつつ、おかず的な位置づけで、め組の「よぎんち」を展開して行きたいと願っていますので、みなさま、 何卒よろしくお願いいたします<(_ _)>。
劇団「め組」

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
本当に楽しく充実した5日間──いや、初日はぎりぎりまで仕事して、新幹線でなんとか間に合うというタイムスケジュールでしたけど(^_^;)。
でも、おかげさまで全9回、欠ける事なく観劇が叶いました(*^-^*)♪
初めてその演技を観る役者さんの多い中、誰1人として「残念」な演技の方がいない、というのはさすがにめ組!←普段学校公演で日々鍛えているのだから、当然かも、ですけどね(^_^;)。

これからも、ぜひっ! 本家め組と同様、定期的に続けて下さいませ♪
2011/08/12(金) 22:21:41 | URL | いつみ #-[ 編集]
ありがとう御座います。
全9ステージも観て下さってありがとう御座います。マラカイト上演以降若手も活き活きと生息している(笑)ように見受けられますよ。やって良かったなんて思っております。書き込みありがとう御座います。
2011/08/14(日) 13:51:19 | URL | よぎです。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。