ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何といってもtulip
何といってもtulip、与儀家代々の定番(^^)v
2011092201
物心ついた頃から我が家には「ランチョンミート」なるものが常に常備してありました。終戦後、沖縄から母親が幼い姉を連れて東京に移り住んで来ました。やがて4年後には、父親がシベリア抑留から無事生還して合流いたしまして、その後、私・ヨギダス編集長が誕生したワケでございます。
考えてみると、アタシも古い人間なんだなぁ~(^_^;)。
当時のことで、覚えているのは、年に2回ぐらい沖縄の親戚から大きなダンボール箱が届きまして、その中には沖縄にしか売っていない食べ物が、ギッシリ詰まっておりました。現在のように、流通が発達していませんでしたから、これらの「故郷直行便は超貴重品!」だったんです。ホントに。
あの頃、内地には有りませでしたから…ゴーヤなんて。(当時の沖縄の人は”にがうり”と呼んでいましたよ)。そして、黒砂糖、ちんすこう、tulipのランチョンミート!ランチョンミートも色々あれど、tulipのランチョンミートこそがダントツなんです。本当に美味しいと感動していましたよ。
スパムとか、なんちゃらとか、ランチョンミートは他にも色んなメーカーがあるんですが、tulipのランチョンミートが何故か沖縄人の味覚と相性が抜群!なんです。沖縄ではtulipを「ミート」と読んで、どこの家庭にも常備されていました。母親は「スパムは違う違う!」なんてよく悪口を言っていましたっけ。さて、私のtulipを使ったお薦め料理を一品紹介します。
タマネギを2㎝位の厚さにスライスして、これまた2㎝くらいにスライスしたtulipを、油多めのフライパンで、パパッと炒めてお皿に盛り付けて熱々をいただきます(^^)v。泡盛のロックで食べてみてくださいな。まさしく天国です。「生きていて良かった♪」なんて思わず言っちゃいますから。
スパムさまの名誉のために一言!最近のスパムラインナップで、缶の表面に、いわゆる「スパムおにぎり」がのっているスパムは、なかなか美味しいんですよ。もちろんヨギダス編集長はこれからもtulipですが(^O^)。
チューリップミート
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。