ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語大好き!
落語大好き!高校生の頃から夢中でした♪
2011112501
天才肌といわれ、歯にキヌ着せぬ毒舌をまき散らして人気を博した落語家の立川談志さんが亡くなりました。彼は、古典落語の名手とされ、参院議員を務めたこともありましたっけ。めったない多彩な方でした。
さまざまな言動で、物議をかもしたこともあり、とにかく特異なキャラでした。きっと波乱の生涯だったんでしょうね。詳しいことは知りませんが、たまたま見たTV番組で、トークを聞いたことがありますが、博識だったことに驚かされました。魅力的な方とは思いますが、友人にはちょっと…。
独特の感性で、落語界や芸能界だけでなく、多くの人たちに影響を与えていたようで「昭和の偉大な芸人」といえる存在でした。談志さんのような天才を生んだ「昭和」。やはり激動の時代というにふさわしいでしょう。
 話は変わりますが、ヨギダス編集長は落語が大好きで、高校生ぐらいから感心がありました。正しくは「落語」というより、その独特の喋り口調や語りに強く惹かれたものでした。登場人物にも興味がありました。
子どもの頃から、俗にいう“優等生”より、どちらかというと“人間くさい”存在に惹かれてしまう傾向がありました。そんなワケで当時から「桂文楽よりも、断然古今亭志ん生!」てなわけです。 時間を見つけては、夢中になって聴いていたので、カセットテープがすっかり伸びきってしまい、妙な低温になるまで、古今亭志ん生の「落語全巻」を聴きまくっていました。
ところで、喋りというのは、人そのものが 出てしまいます。
これは役者と同じですね。 お決まりの「お~ぃ定吉」の音色を聞いただけで全てが決まってしまうのです。志ん生の本筋の前に喋る“まくら”が笑えるのです。お気に入りの出し物は「火焔太鼓」や「たまや」です。
もちろん、桂文楽さんも好きではあるのですが、優等生過ぎて俗人の自分には…。因みに俳句の世界でも、芭蕉より山頭火。浪曲の世界だったら、広沢虎造の「清水次郎長一代記」かな?これもテープの時代から聴いていて、最近ではDVD全巻買い直しました。落語の話しに戻りますが、今でも新宿の末廣亭やら上野鈴本、浅草演芸場には時々行きます。ご贔屓でもありますが、お付き合いだってありますからね。大きな声でいえませんけど(笑)
古典落語ネタ帳
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。