ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衝撃的な被災地の光景…
衝撃的な被災地の光景…、あれからもう1年が(-.-)
2012030901
時折、春の気配を感じるようになりました。三寒四温とはいえ、油断禁物ですけど、もうインフルエンザに罹ることはないでしょう(汗)。さて、3、11ですが、もうすぐ一年ですね。あの日の揺れの衝撃!多くの人が今までにない恐怖感を肌で感じたのではないでしょうか。初期報道では、「死者7名!」この数字はよく覚えています。それは阪神淡路大震災の時の初期報道の死者数と変わらなかったからです。こりゃあ確実に増えるなと思いました。
そして時間経過と共に映しだされたのは見渡す限りの海!住宅地や田んぼに押し寄せるコンテナ、貯蔵タンク、明らかに人が乗っている車!まさに衝撃的光景でした!日本中、いや世界中の常識を覆す大津波は、引き波で大海原へ命も生活も、全てを破壊し、海へ運び去って行ってしまいました。
ビルの上にドカッと乗っかった大型船は目に焼きついています。
そして原発事故。政府や関係者は「想定外!」とうそぶいていましたが、その安全性を疑っていた多くの人たちは「言わんこっちゃない!」と思ったことでしょう。原発事故は、震災をより深刻にしてしまいました(-.-)。
あの「ディズニーランド」や「ディズニーシー」を取り仕切るオリエンタルランドは、普段から“来場者数10万人の日に震度6強の地震が起こったら”の想定で、避難訓練を年間180回も行っていました。ですから来場者数7万人で震度5強の地震当日の揺れは“想定内”でした。迅速に対応出来たことで、社格を格段に上げましたよね。「さすがだな!」と思いました。
これからも日本に住み続ける人間が考えなければならないことは、明日にでも直下型大地震が起きることを頭に入れ、身近に防災用品を用意するとともに、家具の転倒を防ぐ手だてをしておくことは基本中の基本です。
私たちは、地球と言う借り物の上に勝手に住みつき、活火山大地の上に家を建てて暮らしていることを肝に銘じたいです。また、行政を司る方々は、これまで想定外だった多くの事態をスグ“想定内”にしてください。
今日という日を「全力で人のために使い切る!」これが借り物の地球に住まわせてもらっていることに感謝する、私の生き方なんです。
大震災に備える
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。