ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八木啓代live
八木啓代live、メキシコ一色の雰囲気を堪能
2012052502
先日、友人の誘いでライブに行って来ました。
live会場は、下北沢にある「テピート」というメキシコ料理の店で、この日のSingerは、八木啓代さんという方。最近、政治、とくに検察に関するさまざまな疑惑解明などで、多くの告発状を出されるなど、歌手だけではなく、作家活動を含め「多彩な活動をされている才色兼備な方」と、友人が説明してくれました。何でも八木さんは、メキシコにお家まで構えていらっしゃるとのこと。歌の素晴らしさもさることながら、ライブ会場はメキシコ一色!
実は、ヨギダス編集長、メキシコではないのですが、若い頃、中央アメリカに位置するエルサルバドルという国にご縁があって、エルサルバドルの政府復興のお手伝いのために滞在していた経験がありました(^^♪。
南米体験があるとはいっても、メキシコ人からみたら「そんなに近くまで来ているのに、メキシコに来ないなんてダメじゃないか!」と怒られそうですが、 とにかく下北沢ラピート にいる間、何だか懐かしくてジーンとしてしまいましだ。当時は、エルサルバドルの首都サンサルバドルに滞在していましたが、内戦終結後間もない時期だったのでそりゃ大変(-_-;)でした。
空港に降り立った印象は、何だか雑然していて「ちょっと物騒だなぁ」という気がしましたが、身回りの世話をしてくれた人たちは皆さん明るく親切な方々(^^)。しかし、あちこちに機関銃を持って四方八方睨みを効かせている兵士がたくさんいて、内戦終結後間もないんだ!と実感しました。
それもそのはず内戦終結が1992年。訪れたのは1993年。観光目的では行っては行けない危険度3~4のレベルでした。命の危険を感じたこともありましたが、今思えば「貴重な体験をさせていただいたなぁ(+_+)」なんて思っています。ここで、当時食べた物の話しを少し付け加えると、食事といえば“連日タコス”でした。あと独特のオムレツかな…(-.-)。タコスはもう、食べ過ぎてそれ以来食べていません。きっと一生分食べたんだろーな。
2012052501 2012052503
エルサルバドル
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。