ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顔モザイク
顔モザイク、身元がバレたらヤバいのかな?
2012070601
ここ何年かはわかりませんが、繁華街や大通りなどの大勢の人たちが行き交う場所で撮影した、ごく普通の映像を流す場合、何故か意味なく「顔モザイク」になっていることが多くなってきた?と思いませんか。
重大事件の容疑者や、その関係者といった方々なら分かりますが、そこら辺をごく普通に歩いているおばさんやおじさんたちまで、どういう考えか、顔モザイクされたり、「激安化をどう思います?」程度のインタビューに応える声が不気味な機械音になっていたり…、これって一体、何 (・・?「プライバシー保護」という見えない壁を過剰に意識してか、何があろうと、どこからも苦情が来ないための「保険」というワケなんでしょうか…。
とりあえず!のつもりかもしれませんが、やたらモザイクって、本当に窮屈な事態!ていうか「窮屈な時代」といいかえてもいいかもしれませんが、この現象について、インターネット普及による「負の副産物」なのでは?という識者もいます。ま、識者の言うことが正しいとは限りませんけど。
30年程前だったでしょうか。“肖像権”と云う、耳慣れない言葉を初めて何かのメディアで知りました。その内容は、ミュージシャンやら芸能人の利益を守る権利だという風に、ヨギダス編集長は当時、理解しましたが。
インターネットの普及に伴い、一般の人々も主役になれる時代になり、素人とプロの線引きが難しくなって来たせいでしょうが、ここ2~3年でモザイク加工が多発してきましたね。あたかも、犯罪に関わっているかのような想像をさせるモザイク加工…日本もアメリカのような訴訟社会になりつつあるといいますかけど、この現状を見ていると、その方向なのかな(-_-;)。
そして、素人さんの日常的ブログでも、この加工が多発!
「お友だちです♪」と紹介しながら顔がモザイク。「そんなブサイクなお友だちなんですかぁ~と思わず突っ込みたくなる」と友人は言います。TV番組などの場合、事情があって顔を知られたくないとか、顔出しするとヤバイ状態に追い込まれてしまう方々などには、特定されないための配慮は必要でしょうが、報道する側にも、これといった」確かな基準」がないので「さわらぬ神にたたりなし…」ってことになっているんでしょうかね<`~´>。
2012070602
モザイク加工
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。