ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猛暑対策
猛暑対策、ヨギダス編集長にはまったく不要(^^)v
2012071301
梅雨の合い間、輝くばかりの晴天の今日この頃でも、ヨギダス編集長にとっては、暑いと言うより「イイ陽気になって来ましたね♪」ってな感じでしょうか(笑) 道を歩いている時は、さすがに半袖ですが、お店に入るとクーラー対策で必ず薄手の長袖を着用します。この暑いのに「ウソ~?」といわれるかも知れませんが、真夏であろうと外出時は長袖持参が決まりです。夏の暑さ(寒さ?)対策はほとんど、このようなスタイルです。
それから、スーパーに行っても、決して「冷凍食品ブース」には近づきません。理由は寒くてもよおして来る(-_-)からです。昔から「都市伝説?」では、本屋さんに行くと「もよおす…」人がいるって聞きますけど。
ヨギダス編集長の場合、それは「冷凍食品売り場」です。
そういえば少し前、2~3年前だったでしょうか。ホント煮えるかと思えるような猛暑日が続いた夏がありましたよね。あの時も、肩が冷えるのがイヤなので猛暑日でもタンクトップやノースリーブの類は着なかったなぁ~。でも、これから地球は温暖化に向かうといいますから、猛暑日が続いたとしても「寒がりの人」は、へこたれないで元気に過ごせそうです(^<^)。
寒さというものに対して、普通の人以上に敏感な理由は、たぶん血圧が低いからなのかなぁ~?と感じています。なにしろ上の血圧が寝起きは100を切っていますし、真冬の午前中でも120までは行きませんから。
汗だくの人から「自分だけ涼し気な顔して」などと,いわれることも度々です。暑がりの友人は「老人ホームで一緒には暮らせないね。室温をめぐって老人同士が殴り合い!」何てニュースになりそうだし…だって。
そうそう、どんなに酷い猛暑日であったとしても、かき氷はゼッタイに食べません。氷を削っている光景を見ただけで、「体が芯から冷えて具合が悪くなるんじゃないか」と妄想してしまうくらいですから(;一_一)。
低体温対策
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。