ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も圧巻!
今年も圧巻!武蔵野八幡宮例大祭「吉祥寺秋まつり」
2012091401
今年も吉祥寺駅前平和通りに全11基の神輿が集合!
例年通り、各神輿がステージに向かって行う「パフォーマンス」は圧巻でした。
10年程前から我が劇団「め組」も 五日市通りにある神輿で「親交会」の神輿を担いで参加させていただいております。
恒例の武蔵野八幡宮例大祭、通称「吉祥寺秋まつり」は、毎年、たくさんの見物人で賑わう吉祥寺最大のお祭りで、このお祭りに参加させていただけるようになって、14年になります。普段、事務関係のデスクワークで身体を動かすことの無い我が社の専務、大澤も張り切って担いでおりました。
残念ながら、ヨギダス編集長は、肩の調子がイマイチだったので、神輿は担がないで、一日中付き添いで歩いておりました。とはいっても結果的には、7キロくらいは歩いているんですね。ヘトヘトになりました。神輿はやっぱり担いでなんぼのものですね。来年は万全で臨みたいと思います。
 このお祭りがスタートしたのは、昭和48年だそうです。ウチの劇団では、若い研究生たちから、ベテランまで「神輿を担ぐのが大好き!」な連中が揃っていますから、9月に入るとみな何となくワクワクし出します。
 神輿を担ぐには、各町内で指定されたハンテンを着なければならないので、急に担ぎたくなっても「当日、飛び込み参加!」はできません。揃いのハンテンを着て八幡宮に集合し、神輿宮出しから祭りは始まるのですが、スタート直前の次第に気合が入って、威勢のいい掛け声とともに全体が盛り上がっていく様子は、何ともいえない高揚感と緊張感があって感動的(^_^)v。
 話は変わりますが、最近まで神輿の上に乗っかって、気勢を上げるということが、当たり前のように行われていましたが、これは“神様を冒涜する行為”だという意見が相次いだため、最近は見かけなくなりました。
 今年は熱中症が心配になるほど「晴天!」の吉祥寺秋祭りでした。
まぶしい太陽が照りつける下で神輿を担ぐのですから、当然ノドが乾きます!というわけで冷え冷えビールがどんどん消費されて行きました。
 普段「酒は弱い…」と言っている者まで「年に一度のめでたい祭!」とあってグイグイ空けていましたが、後でどうなったかは…(;一_一)。
2012091402 2012091403
吉祥寺秋まつり
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。