ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒と頭痛持ち
酒と頭痛持ち、酒の種類で翌日影響が(;゚Д゚)!
2012121401
師走もど真ん中!みなさま、如何お過ごしでしょうか?
さぞや連日宴席が目白押しの事と、想像いたしますが(´∀`)
さて、ヨギダス編集長の今日この頃ですが、めったにない酒ネタで行きたいと思います。というのは、現在ではほとんどお酒を飲まない私も、年末ともなればそれなりに、お酒の席にお呼ばれしちゃうことになります。
元々それほど飲まないのですが2~3年前から飲み始めました。
27歳の頃からでしょうか?突然お酒を飲むと必ず具合が悪くなることが多く、控えてきましたが、もしかしてお酒アレルギー(^.^)かな?最近すっかり治った?と思って、調子に乗って飲んでいたら、先日のこと、宴会を終えて帰宅途中、急に具合が悪くなりまして、そりゃ~死ぬかと思いました。
24時間くらい経っても、首の動脈がドクドクしていました。命に別状は無い?とは思われましたが、かがむと頭の中まで、血管がドクドクしています。あまりのことに、知り合いに相談したら、どうやら頭痛持ちは発酵したアルコール類、取り分け赤ワインがよくないようです。先日は「これ、なかなかいいワインだから」と赤ワインを勧められ、あまりの美味しさに、調子に乗ってグイグイ飲んでしまいました。場の雰囲気も良かったもので…。
すでに「分別盛り」に突入して、かなりの年月になりますが、調子に乗るということは「分別がないということ」ですよね。困ったもんです。
コレに懲りたので、しばらくお酒の席に出たとしても、飲めなくなってしまいました。たぶん、ビールや焼酎はOKかもしれませんが、あの時の「死ぬかと思ったほどの苦しさ」は、もう、思い出すだけでもゾッとします。
せっかく、楽しく美味しく飲んだのに「あ~また飲めなくなる…」と思うと残念無念ではあります。周りの友人たちに、大酒飲みが多いだけに…これからは、飲みのお付き合いは出来ないですね(-_-;)これからの宴席では「食べ物とお茶だけ!」でも、しっかり場を盛り上げて、生きて行きます…。
アルコールアレルギー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。