ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男の友情
男の友情、やや誤解されやすい側面も( ̄□ ̄;)
2013070501
梅雨本番かと思ったら、晴天だったり、なかなかお天気が安定しませんね。来週あたりからは「猛暑日」もちらほらとか。私は、不摂生がたたって体調を崩してから、毎朝4時起きで「リハビリ?」に励んでおります。
ところで最近、運転中のラジオで「ブロマンス」という耳慣れない言葉を聞きました。これはbrotherとromanceの合成語で、男同士のちょっといい感じのつながりを指すとか。親密ではありますがプラトニックな関係だそうで、ホモセクシャル的ではありますが、微妙に違うといいます。
アメリカでは、この「ブロマンス」をテーマにした映画のジャンルも確立されていて、かなり人気だといいますが、よ~く分かります。男同士の親密な関係を説明すると「魂の共有」なんです!一方、いわゆるオタクと言われる人たちは、単に「情報の共有」だけなのですが、魂の共有は、持っているものが同じとか、同じような考え方をするとか…そんな半端なものではありません。コミュニケーションを優先する女性ともやや違いますよね(=_=)
女同士だと相手が「ちょっとこの人???」と思ってもそこは目をつむって、話題を変えて、それなりに盛り上がれるワケですが。ほとんどの男性は、精神的にも不器用なんでしょうか?相手に自分をきちんと理解してもらえるまで、一生懸命 自分の考えや好ましいと思うことなどを訴えます。
「あなたたちホモじゃないの?いつも一緒で…」なんて言われたことが私も、何度か。しかし、彼女たちもからかっているわけではなく、女同士では成立しにくい世界なので、きっと「羨ましい♪」と思っているに違いない!と私は勝手に解釈していました。逆に、女性同士でも「親密になりたい」と望む女の人が身近にいたら、女の人同士でも引かれますよね(・・?
てなわけで「太古の昔」はわかりませんが、少なくとも私は、少年期からそんな「男同士の親密な関係」は体験しております。だからよ~くわかるのです。
注目の「ブロマンス映画」ぜひ、ご覧になってください♫
この夏必見!ブロマンス映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。